鎌田和彦の名言|認めて欲しいなら、まずは仕事で結果を出すべき

成果が出ていないけれど認めてくれというのは、いつの時代でも通用しません。そんなことを許していたら、組織が存続し得なくなってしまいます。人間は自分のことは過大評価しがちなので、そういう不満を持つ人は少なくないのかもしれませんが、認めて欲しいなら、まずは仕事で結果を出すべきです。

鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

抵抗がつよいところに踏み込むには、覚悟とエネルギーが必要。

大田弘子の名言|抵抗がつよいところに踏み込むには、覚悟とエネルギーが必要


道に従ってはならない。道なきところを行き、足跡を残せ。

エマーソンの名言|道に従ってはならない。道なきところを行き、足跡を残せ。


先はまだまだ長い。どこでどうなるかは、わからない。

タモリの名言|先はまだまだ長い。どこでどうなるかは、わからない。


社長としてまず取り組んだのは、会社のイメージを良くし、ブランドを高めることです。私は子供の頃、産廃処理業者の娘だと周りからバカにされた経験があります。当社に入社してからも、産廃処理業者がいかに下層の仕事だと見られているかを、イヤというほど感じさせられました。産廃処理は絶対に世の中に必要な仕事なのに、これでは次の世代を担おうという人が現われないという危機感もありました。

石坂典子の名言|会社のイメージを良くすることから始める


理念の改訂については、必要であれば行ない、必要でなければ行なわないという考えでいいと思います。世の中の風潮や消費者の価値観は時とともに変わります。根源根幹は変わらなくても、時代の流れに応じて部分的な改訂を考える姿勢は大事でしょう。

新将命の名言|時代の流れに応じて経営理念の部分的な改訂を考える姿勢は大事


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ