鎌田和彦の名言|壁にぶち当たったときの対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加

小さな目標を設定して、小さな勝利を積み重ねていくというやり方は、壁にぶち当たったとき、乗り越えるのにも有効です。


鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

生まれる前から選んでいたのかと思うほど、教員になることしか考えていなかった。最初の記憶は保育園。先生が子供たちにいろんな接し方をするのを見て、「私が先生だったらこうするな」という目線で考えていました。

トップが部下を切り捨て保身に走ると部下は必ず離反する。そして、人望を失い、内部告発が始まる。

経営理念を引き継ぎ続ける会社にすることが大事なんです。我々がいなくなった後、どうなるか。永続性のある企業として育て上げていくことが大事なことだと思います。それがなくなったらダメですね。

情報のインプットで、やはり一番多いのはインターネットの利用です。新しいサイトで流行っているものがあれば、自分で必ず使ってみます。1ユーザーとして実際に利用してみるのです。インターネットのサービスは、実際に使ってみないと、どこに面白さや価値があるのかわからないからです。

スバルはこうきたか、とお客様の心を打つ商品をつくり続けなければ。

うちの学校では、企業に学生を派遣することがあり、「ほかにも行きたがっている人がいるのに、自分だけ行くのは申し訳ない」なんていう学生がいます。そんな学生を私は叱りつけるんです。「何言ってるの。卒業したら、みんな、競争相手よ」と。実際、そうですから。

20代の頃から、競合相手が現れても負けないためにはどうしたらいいのか、競争力を失わないためにはどうしたらいいのかを考え続けてきました。その結果、電気やガスと同じように消えてなくなることのない、インターネットのインフラやサービスインフラに経営資源を集中させてきました。また、生き残るためにはナンバーワンでなければならない。そして、継続的に収益が入ってくるストック型のビジネスなので経営も安定します。

ページの先頭へ