鎌田和彦の名言|壁にぶち当たったときの対処法

小さな目標を設定して、小さな勝利を積み重ねていくというやり方は、壁にぶち当たったとき、乗り越えるのにも有効です。

鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

正確な日時や金額など、数字の入っていない会話は、ビジネスの会話ではありません。それは遊びです。上司が「あの件はどうなっているか」と質問すれば、部下は必ず、「何月何日までに値段はいくらで、こういう状態で入荷します」と答えなければいけません。なぜなら、それが人を成長させる唯一の道だと思うからです。だから、うちの役員・社員はどこへ行っても数字や論理で表現しなければなりません。

似鳥昭雄の名言・格言|日時や金額、数字が入っていない会話はビジネスの会話ではない


忙しくて家で残業するときも、家族でごはんを食べたり子供と遊ぶ時間は確保します。おもちゃの電車を走らせるために線路のレイアウトを真剣に考える子供の表情を見ていると、それだけでほほ笑ましい気持ちになるものです。

八代英輝の名言|忙しくても家族との時間を確保する


人は自分が思っているほど、自分のことを見ていないもの。人の目が気になって仕方がない人に私はよく、「わざと柄の違う靴下を片方ずつ履いて出社してみてください」と言います。実際にやってみると、ほとんどの人がそのことに気づかない。それがわかるだけでも、心が一気に軽くなるはずです。

村上和徳の名言|人は自分が思っているほど、自分のことを見ていないもの


技術を追求する企業にとってはブランド力があると考え始めた瞬間こそ危機の始まりです。私はブランドを作ろうとは思いません。

ジェームズ・ダイソンの名言|ブランド力があると考え始めた瞬間こそ危機の始まり


大切なのは会話に踏み出すこと。まずは「ハロー」と言って相手に声をかけ、自分は日本から来たこういう人間だと、拙い英語でも、きちんと伝えてみてください。相手はきっと応えてくれます。こういうことの積み重ねが大事なのです。

内永ゆか子の名言|外国語習得で大切なこと


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ