鎌田和彦の名言|壁にぶち当たったときの対処法

小さな目標を設定して、小さな勝利を積み重ねていくというやり方は、壁にぶち当たったとき、乗り越えるのにも有効です。

鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

何度も失敗を繰り返し、自分で納得できる品物が出来るようになったのは10年が過ぎた頃だと思います。しかし現在でも100%というものは無いです。次はもっと良い品物を作ろうとする思い、職人の道は生涯勉強ですね。

三浦孝之の名言|職人の道は生涯勉強


当社では個人目標を掲げることを1人ひとりに課しています。毎朝一番に出勤する、朝6時に起床する、店舗で一番元気な従業員になる……。目標は検証できることなら何でも良い。人のできないことをやる人は尊敬されますが、誰でもできることをやらない人は非難されます。各自が自分の目標に向かって毎日続けることにより、それらが積み上がって従業員の笑顔が溢れる会社になるのではないでしょうか。

鈴木拓将の名言|誰でもできることをやらない人は非難される


会議のゴールが明確な資料をつくろうと心がけることで、主催者自身が会議のシナリオや落としどころを検討する機会を持つことができます。自分ではわかっていると思っていても、実際に書いてみると思わぬ不備が見つかるものです。

山崎将志の名言|会議の目的はきちんと書き出してみることが大切


ターゲットとする市場をマクロな視点でとらえて、様々な立場のお客様のニーズを的確に把握し、製品に反映することが重要。

澤村諭の名言|ターゲットとする市場をマクロな視点でとらえる


もともと好奇心が強いのか、やったことがないことは取りあえずなんでもやってきました。

森永卓郎の名言|とりあえずなんでもやってみることが大切


目先の短期的利益や会社が求めるスペックに自分を合わせるだけではいけない。受け身ではなく、将来行ありたい、こうあるべきという姿を描く。そして実現するために困難な壁にもぶち当たっていく精神力が必要だ。

加藤進の名言|目先の利益のとらわれない


過度の期待から株価が上がり過ぎていれば、「現状はこのような段階で、ここまでいくには○年かかると思う」と素直な実態を丁寧に説明する。過小評価から株価が下がっている時は、企業の魅力をもっと伝えて株価を上げる努力をする。現状と期待が乖離している時に強化するのがIR活動。

藤田晋の名言|現状と期待が乖離している時に強化するのがIR活動


いくら誠実な姿勢で事態の収拾を図ったところで、それを世間に伝えようとしない限り、何も伝わらない。

中島茂の名言|いくら誠実な姿勢で事態の収拾を図ったところで、それを世間に伝えようとしない限り、何も伝わらない


反対のための反対や、議論することに酔っているだけではダメ。質の高い意見を戦わせる見識と、意見の違いを尊重する度量、そして、たとえ主(あるじ)であっても、言うべき時には魂の基軸に従ってモノを言う。それが本当の意味での「いごっそう」でしょう。土佐人だけでなく、今の日本全体に必要なことかもしれませんね。

渡邊五郎の名言|本当の意味での「いごっそう」


会社が親、社員が子であっても、親が一方的に子の面倒を見る時代は終わった。たいして成果を挙げられない、すねかじりの息子を会社は雇い続けるわけにはいかない。でも会社を儲けさせる孝行息子はいつまでも手元に置きたがるだろう。

小杉俊哉の名言|すねかじり社員を会社は雇い続けるわけにはいかない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ