鎌田和彦の名言|壁にぶち当たったときの対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加

小さな目標を設定して、小さな勝利を積み重ねていくというやり方は、壁にぶち当たったとき、乗り越えるのにも有効です。


鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

改革に後ろ向きの社員を相手にするときは、社員が見ている前で「辞めてもらいたい」という気迫で怒りました。なぜ、みんなの前で怒るかといえば、どちらの言っていることが正しいか、社員にわかってほしいからです。

「自分はこんなに頑張っているのに、会社はちっとも認めてくれない」と感じているなら、それは組織よりも、双方のコミュニケーション不足を疑った方がいいでしょう。会社の求める成果と、あなたの考える成果の中身がズレている可能性が高いからです。

整理にかける時間をあらかじめ決めておくこと。たとえば、引き出しひとつを15分でかたづけると決める。かたづけはリズムですから、それ以上時間をかけると嫌になってしまいます。

模倣が失敗する4つの原因。

  1. お手本を見誤る。
  2. 上っ面を真似ようとする。
  3. 実行力不全。
  4. 心構えとやりきる意志の不足。

経営者をしていると、前年と今年、あるいは今年と来年、というふうに、2年分の手帳を開いて考える機会が多くあります。ですから私は、昨年のものと今年のもの、来年のものの3冊を常に手元に持っています。

脳が冴えるのは1日に2回くらい。1回につき、最大2時間くらいです。いつそのタイミングが来るかは人それぞれなので、自分の脳が冴えている時間帯を把握して、そこで集中して考える仕事をするようにします。

段取りがうまくなるためには、「このタスクには、これだけの時間がかかった」という記録(ログ)を取ることから始めなければなりません。当初の予定が失敗しても、その失敗を記録することこそが段取りの極意なのです。

私が赤字会社で必ず実践しているのが、全社員に「業務チェックリスト」の提出を義務付けることです。(1)問題発見(2)問題に関する情報分析(3)最重要問題の抽出(4)問題解決のための目標設定(5)目標達成のための戦略策定(6)戦略の具体的行動への落とし込みといった項目があります。この6つの視点から仕事を考え、行動する癖がつき、自らの能力へ昇華できるようになっていくと、事業再生の計画は驚くほどスムーズに進むようになります。

実は最近の研究結果で、中年以降にかかる病気も、その芽は子供の時に出始めていることが分かってきました。つまり健康は、中年とか、ある程度の年齢になってから気を付けるだけでは不十分で、もっと早い段階から関心を持つべきなのです。

今、教育に足りないのは「厳しさ」。厳しさが足りなければ本人が不幸になる。

ページの先頭へ