鎌田和彦の名言|リスクをとってチャレンジすることの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗しないよう無難なことばかり如才なくやる奴よりも、リスクをとってチャレンジして、失敗しながら勉強した人間の方が、将来ものになる確率は遥かに高い。


鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

メールでのわかりやすい文章の第一条件は、短く簡潔な文であること。目安は「一文三十文字」。一般的に一秒間で判断できるのは十字程度、三十文字はおよそ三秒で読める長さです。それ以上になると、文章全体が把握しにくくなり、一読しただけでは正しく内容をつかめないことがあります。

日本にはロングセラーのブランドがあります。今年、「亀田の柿の種」が50」周年、「ハッピーターン」も40周年を迎えます。そういう商品がいまだに生き残っていることはありがたいことですが、逆に言えばそれだけ他の商品が育っていないということでもある。我々にとっては最大の弱みだとも言えるのです。

常に学び続けられるような人が望ましい。研究開発はその特性上、うまくいかないことが多い。多少失敗してもへこたれずに、リスクをとってでも作りたいものがあるという情熱を持った人が求められている。

指導者がメダルを獲らせようと情熱を傾けても、選手自身が「何が何でもメダルを独りたい」と思わなければダメなんですよ。その気持ちをもっと強め、長く維持させるためにどう指導すべきかを、常々考えています。

まぐれ当りにて儲けし金は、他人の金を預ったと同じことなり。

営業員も顧客も人間である以上、苦手意識が起きるのは当然のこと。そのうえで、顧客との相性の悪さを克服することが、プロの営業員には求められる。苦手な顧客の気質に合わせるよう自分が演技をすることで、自分を好んでくれるように仕向けていくのだ。

最近は、経営者についてのルポルタージュなどを読むことが多くなりました。ほかの経営者が何に悩み、どれだけ苦しみ、どんな手を打ったか。それを知りたいからです。そのためには経営学者の書いた学術的な本よりも、「リーダーシップとは何か」について当事者の生々しい証言で構成された本のほうが勉強になりますね。

ページの先頭へ