鎌田和彦の名言|人生は目的地に最短距離に行くなんてできっこない

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分にとってベストのキャリアプランが最初に用意されていて、その通りに進んでいくのが正しいと思うのはナンセンスです。人生はカーナビじゃないのだから、あらかじめ目的地を設定しておいて、そこに向かって最短距離を行くなんてできっこない。


鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

拙速を尊べ。お客様の意識の変化に付いていき、環境変化に負けないスピードを会社全体で付けよう。

多くの日本企業が製造拠点を人件費の安い海外に移しています。しかし、たいていの場合、実際には利益を出せておらず、成功していません。私は現地で販売する製品をつくるために海外に工場を移すことは賛成ですが、日本や他の先進国向けなら反対です。いまは人件費が安くても、いずれ高騰してメリットがなくなります。外国人を上手に管理することは難しく、技術が盗まれる可能性も高い。「円高だからやむを得ない」という声もありますが、急激に円安が進んだらどうするのでしょうか。

創業者が亡き後、創業家一族の存在がオムロンの求心力になってきたのは事実です。しかし、今後の発展のためには「人」ではなく「理念」を求心力の源泉にする必要があります。分権化やグローバル化によって成長という遠心力が急速に働くいまこそ、企業理念を求心力として、企業統治を行っていかなければなりません。

私たちの時代は、「よいクルマを生産し、消費者に喜んでもらう」といったようなわかりやすい目標があって、組織のベクトルをひとつにできました。しかし、いまは自ら目標を作り出さなければならない時代です。

夢と目標は出来るだけ数値化するように心がけています。そして、期間は3年ぐらいをメドにしています。5年先、10年先の事業計画を立てる方もいらっしゃいますが、私には3年がちょうどいい。時代の変化も速いですし、なにより社員が忘れません。この3年を繰り返し積み重ねてきました。

最近はクイズ番組も多くて。その夜は寝られません。悔しがりなもんだから、できなかった問題を家で全部やり直すんです。

商品は生き物だと思うようにしています。デジタルカメラは画素数だけを言っても仕方がありません。「お母さん、撮影したお子さんの写真を1年に1回大きく引き伸ばして渡してあげてください」と話すのです。その商品が持つ目的を、お客様に明確に伝えなければなりません。

ページの先頭へ