鎌田和彦の名言|人生は目的地に最短距離に行くなんてできっこない

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分にとってベストのキャリアプランが最初に用意されていて、その通りに進んでいくのが正しいと思うのはナンセンスです。人生はカーナビじゃないのだから、あらかじめ目的地を設定しておいて、そこに向かって最短距離を行くなんてできっこない。


鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

環境を自分で変えられるか、変えられないかをまず考える。今いる部署が自分に合わなくて、ほかの部署に移れば環境が良くなる、あるいは今の部長と自分が合わなくて、どちらかが異動すれば環境が良くなるというなら、異動願を出すなどして、何としても変えた方がいい。

人間は、自分が他人より劣っているのは能力のためではなく、運のせいだと思いたがるものだ。

よく「明治の人はすごい」と言いますが、その人たちは江戸の教育を受けた人たちであることを忘れてはいけない。

教養をビジネスに生かすうえで大事なのは、「クリエーティブ」と「リアリティー」とのバランス。私自身は、若い頃、日本の書や骨董、アートの世界に没頭し、クリエーティブが過多な状態でした。そんな私に、「君にはリアリティーが足りないから」と不動産業への就職を勧めてくれた人がいたおかげで、資金管理や人事マネジメントのスキルを磨くことができました。その経験がなければ、今携わっている古民家再生も単なる耽美主義に終わり、ビジネスとして軌道に乗せることはできなかったように思います。

がん首をいくつも揃えて謝罪にいくと効果的です。相手は自分のことを軽んじていないとはっきり目に見える形で理解できます。がん首に肩書は関係ありません。企業幹部である必要はなく、平社員で十分です。とにかく数の論理を優先してコマを揃える。一人だけで「申し訳ありません」というより、例えば連続して三人が謝ったほうが効果的なのです。

夢を諦めない、という強い気持ち自体が私にとっての大きな傘。その傘がある限り、どんなに激しい雨が長く降り続いても、ずぶ濡れになり、悲嘆に暮れることはない。

子供は、先生や母親から指導を受けるのは嫌ですよね。でも、自分と同じ苦しみを味わった人の話は絶対に聞くんです。だから年齢が離れていても、私とファンの子たちは先生と生徒のような縦の関係にはならないんです。

社長就任に際して、社内では「現場、現物、現実の三現主義を徹底する」と宣言しました。民間銀行で育ってきた人間として、それらの重要性を痛感しているからです。

独立し果たしてうまくいくか、不安は付き物でしょう。しかし「最初は楽観的に、開業直前は悲観的に」考えてください。最初から「このアイデアは斬新で誰もやっていないけれど、ニーズがないからではないか?」などと悲観して一般的なアイデアで始めると売れない、ということがよく起こります。最初は少し広げて構え、機会は逃さないようにしたいものです。

プロジェクトを効率的に進めるうえで重要なのは、「着地点」を早くから意識して動くことなんです。たとえば、プレゼン資料の作成でも、だいたいの素材が揃ったら、細かいところは無視して、とりあえずダミー版をつくってしまいます。すると、着地点に対して「いま何が不足して、何をしなければいけないか」が明らかになるので、無駄な作業をすることが減り、効率が一気に上がるんです。

ページの先頭へ