鎌田和彦の名言|「自然とやる気が出るような仕事や会社がどこかにあるはず」と考えること自体現実的じゃない

青い鳥症候群というのは、単に仕事にコミットするまでの猶予期間を延長しているだけですから、僕は評価しません。だいたい、自然とやる気が出るような仕事や会社がどこかにあるはずだと考えること自体が、あまりに現実的じゃないし、現実と向き合えないのもまた問題です。

鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

映画づくりは派手な仕事のように思われるかもしれませんが、大半が地味な作業です。ワンカット、ワンカット、ゼロの状態から積み上げていく。橋をかけたりトンネルを掘ったりする作業に似ていますね。

都市生活では、「体」が無視され「脳」だけで生きるようになる。文明は脳によって作り出されますから。でもその脳が乗っている「体」は自然そのもの。だから「脳=都市」だけの世界以外に、「体=自然」が主人公になる田舎の生活を織り込んだ方が心身ともに健康になります。

ダイエットは性格改善に効果的。体型と行動には密接な関係がある。スリムになると、自分に自信がつき、堂々と振る舞えるようになります。そもそも体の健康は心の健康を大きく左右するもの。私自身もダイエットでそれを実感しています。

主よ、変えることができるものを変える勇気と、変えることができないものを受け入れる冷静さと、その両者を見分けるだけの知恵を与えたまえ。

その年齢の知恵を持たない者は、その年齢のすべての困苦を持つ。

ヒューマンエラーは必ず起きるというのが前提だ。報告文化を根付かせることで、大きな事故に繋がるリスクを事前に把握し、対策を打ちたい。

理屈も大事だけれども、やはり情、人の気持ちが通じ合うことがベースになければいけない。

最も重んずべきは信である。信を守らねばたちまち失敗す。

社長になってからの重圧、重責はそれまでの次元とは全く異なるものです。365日、寝ても覚めても経営上の問題が頭から離れない。創業者が言われる「血の小便が出るまでやったか」という状況です。経営者は本来そこまで求められるもので、経営理念や会社の存在を背負う厳しさをひしひしと感じました。だから楽しかったということよりも、重圧ばかりが強かった。私はもう天命なのだと覚悟していました。

景気より天気、天気より元気、元気より人気。

これは預かりものや。もちろん、その中から京セラの将来のために投資することは必要。それを怠ってはいかん。しかし、それがすべてではない。天からの預かりものだから、できるだけ多く、世の中を良くするために使うことが大事や。
【覚え書き|京セラの余剰資金について語った言葉】

知識が豊富なだけでは、教養とは言えません。いろいろ知っていたとしても、「その知識のどの部分をどう伝えれば人の心を動かせるか」が分からなければ意味がない。

営業部門は生産部門に比べ保守的になりやすい。生産部門は日々改善活動に取り組んでいるので積極的に新しいことを取り入れようとするが、営業は過去のやり方を守ろうとする。

ページの先頭へ