鎌田和彦の名言|「自然とやる気が出るような仕事や会社がどこかにあるはず」と考えること自体現実的じゃない

青い鳥症候群というのは、単に仕事にコミットするまでの猶予期間を延長しているだけですから、僕は評価しません。だいたい、自然とやる気が出るような仕事や会社がどこかにあるはずだと考えること自体が、あまりに現実的じゃないし、現実と向き合えないのもまた問題です。

鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社は指名委員会等設置会社の中でも、取締役会と執行役の機能を徹底的に分離しています。取締役会は、社長をクビにすることはできますが、経営の執行は社長に任せています。会長は次期社長にバトンを渡した以上、経営に口を挟むことを厳に慎んできました。こうした互いを信頼した役割の徹底分離を代々のトップが守ってきたことが、風通しのいい経営陣をつくり、これまでの業績につながったのだと思います。

山西健一郎の名言|役割の徹底分離を代々守ってきたことが、風通しのいい経営陣をつくり、これまでの業績につながった


我が身も、お客様も、社会も、みんなが上手に共存できる。そういう世の中が作れたらええな、と思います。そのために私どもは微力を尽くすしかないですわ。

塚本喜左衛門の名言|我が身も、お客様も、社会も、みんなが上手に共存できる。そういう世の中が作れたらええな


若い頃は貧乏生活だったが、少しも苦にならなかった。何でも見てやろう、何でも体験してやろうの精神で踏ん張った。

御手洗冨士夫の名言|何でも見てやろう、何でも体験してやろうの精神で踏ん張った


私はかねてから、問題の裏を掘り下げることに時間とエネルギーを注ぎ、他の誰も思いつかないような妙案を見つけるのを楽しんできた。

ドナルド・トランプの名言|問題の裏を掘り下げることに時間とエネルギーを注ぐ


部下に仕事を頼む際は、対面の手間を惜しんではいけません。部下の表情や仕草を見ながら話をすることで、部下の状況がよくわかり、「疲れていそうだからこまめにフォローしたほうがよさそうだな」「仕事の目的をまだ理解していないみたいだから、この部分をもう一度、強調して説明しておいたほうがよい」といった判断ができるからです。

河野英太郎の名言|部下との対面の手間を惜しんではいけない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ