鎌田和彦の名言|「自然とやる気が出るような仕事や会社がどこかにあるはず」と考えること自体現実的じゃない

このエントリーをはてなブックマークに追加

青い鳥症候群というのは、単に仕事にコミットするまでの猶予期間を延長しているだけですから、僕は評価しません。だいたい、自然とやる気が出るような仕事や会社がどこかにあるはずだと考えること自体が、あまりに現実的じゃないし、現実と向き合えないのもまた問題です。


鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

デザイナーの中でも、私は日本人だということを非常に強く意識しています。西洋の人と日本人のものの考え方には差がある。欧米人は「個性=素晴らしい」という考えがありますが、日本は抜きん出た風体をすることはあまり感心しないという文化圏に属している。だから私に対する評価は、欧米の方が高かったのだと思います。

三菱化学メディア社長時代に行ったの改革については後に、同業他社から「誰でもできる」と言われました。確かにその通りですよ。ただ、「早くできるか」は別です。

株の必勝本を読むよりも有価証券報告書(有報)をぜひ読んでほしい。これは金融庁のホームページなどで見ることができ、企業の沿革から投資の状況、業績の概況、財務情報など企業の経営について相当のことがわかる。「有報の量が多すぎてどこをどう読めばいいのかわからない」、そんな声を聞くことがある。しかし、そもそもそんな難解な報告書を出す企業の株は買わない方がいい。本業が怪しいから、評価されたくないから、報告書が難解になる。良い会社の報告書は、シンプルでわかりやすい。

いまの40代は一昔前の40代とはまったく違います。落ち着いたナイスミドルのイメージとは程遠く、貯金すらない人もいます。その半面、楽天的でまだ変われる可能性も持っていると思います。

映画にしたいと切実に思えるテーマに出会える感性がなくなるのでは、という不安はあります。今回も見つかるまで11年かかりました。でも、それはそれでしょうがない。そのときは潔く別の道を探すしかないですね。上手くいってもいかなくてもそれが自分の実力です。死ぬまでそう言える自分でいたいと思います。

目標を定めてやると集中できることを司法試験の勉強で学んだので、私は自分の職務の中に何か目標を設定することにしました。常に自分でひとつテーマを定めて、それを自分のものにしていこうという仕事の仕方をしてきました。このスタイルは福祉にたずさわるようになったいまも変わりません。

問題点があればそれを把握して、しっかりその対応をしていかなければ、これからは生き延びられない。

本の要約で大切なのは、本に読まれないこと、本の内容を丸呑みしないことです。書いてあることが全部正しいわけではないし、自分と考え方が違う部分もあります。そういう部分は飛ばしてしまうか、リライトしてしまいます。そして、重要なこと、面白いことだけを短い文章で個条書きにするのです。最初はずいぶん時間がかかっていましたが、いまではA4二枚のレポートを1時間ほどで書き上げることができます。

小学生の時に麻雀を覚えまして、中学の時にはひとかどの腕前でした。腕ってそんなに違わないんですよ。勝つために一番重要なのはまわりを見ることができることです。自分の「手」を作ることにこだわりすぎると、思わぬ伏兵にドカンとやられる。相手のどの位置から何を出してくるのか、どういう順番で切ってくるか、牌を上に向けるか下に向けるか、全部見てるんです。そうすると相手の手の内がすーっと見えてくるんです。

将棋の世界での流行の最先端をつくっているのは、20歳前後のプロになっているかいないかくらいの人たちのアイデアから生まれていることが非常に多い。だから若い世代に対しては、育成というよりむしろ学ぶことがあります。

ページの先頭へ