鎌田和彦の名言|遊ぶときは徹底して遊ぶ

仕事で認められることが人生のすべてだとは僕も思わないし、遊ぶときは徹底して遊んだ方がいいですよ。

鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

子供たちが社会に出たとき、サッカーで学んだことを生かして、ひとつひとつの仕事をきっちりできる人間に成長してほしいのです。プロになるような選手は一握りで、サッカー以外の世界に進む生徒がほとんどです。彼らの人間形成の土台づくりを大切にしたいんです。

畑喜美夫の名言|子供たちの人間形成の土台づくりを大切にしたい


技術があっても、資金があっても、傲慢になってはいけない。

リスト・シラスマの名言|技術があっても、資金があっても、傲慢になってはいけない


仕事の達成感や満足感は、仕事と正面から向き合い、やりきった時にこそ得られる。

藤田晋の名言|仕事の達成感や満足感は、仕事と正面から向き合い、やりきった時にこそ得られる


会社がどうなろうと、いつでもスカウトされるぐらいのスキルや能力を持った方がいい。別の会社から声がかかる個人になる。あるいは独立起業できる個人になる。そのためには、自分に価値がないといけない。そして、攻めなければ、自分の価値を高めることはできないのです。大きな結果を出して、周りから評価される価値を生むことが、人生100年時代を生き抜く方法でしょう。

森川亮の名言|攻めなければ、自分の価値を高めることはできない


シェアトップの座を確保しても、それで目的が達成されたわけではありません。どの分野の商品においてもよきものづくりを継続し、絶えざる変革を実現していくことが重要です。

澤田道隆の名言|よきものづくりを継続し、絶えざる変革をすることの大切さ


全国に異動がある支店長以下についての方針は、「キープヤング」で新陳代謝を怠らない。一方で、ベテランについては地域密着型コンサルティングなどを行う「上席アドバイザー」という役職を設けている。明確に役割分担を分けることで、組織の活力を維持し続けている。

鈴木茂晴の名言|組織の活力を維持し続けるには


上司や会社の意向が自分の意に反していた場合、選択肢はふたつあります。ひとつは会社や上司に自分の意見を思い切ってぶつけること。もうひとつは黙って従うこと。いまの時代のビジネスマンが取るべき行動は、前者だというのが私の考えです。なぜなら、世の中の流れは「変革」を求めているからです。環境がものすごいスビードで変化し続けている現在、過去と同じことをしていては、企業は生き残れません。よって会社側も、たんなるイエスマンではなく、自分の意見を会社に堂々と提案して変革を起こせる社員を高く評価するようになっています。

田中和彦の名言|上司や会社に意見することが大切


私個人としてはまだ日本では大きな仕事を成しえていません。やはり、あっと驚くようなことをしないと、影響力はないというのが日本ですから。また一方で、そういうことをすれば叩かれます。でも私はそれを恐れていません。いいチャンスでは動きたい。

津坂純の名言|叩かれることを恐れずチャレンジすることの大切さ


再就職を果たしたら、一番気を付けるのは、先輩ヅラをしないこと。再就職ともなれば上司を含め職場にいるほとんどの人が年下です。媚びる必要はありませんが、対等な関係を築くことを心がけてください。

菅野宏三の名言|再就職したときに気をつけるべきこと


そもそもサラリーマンという仕事がおかしいのです。毎月の収入はある程度確保されている。でも税金をいくら払っているかは会社まかせだからよく知らない。こういう呑気な生き方というのは普通じゃないです。要するに、資本に使われている下働きですよ。会社員なんて自由もないし、たいした喜びもない。にもかかわらず、みんながそうだから、大丈夫だと思っている。

外山滋比古の名言|そもそもサラリーマンという仕事がおかしい


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ