鎌田和彦の名言|どんな環境におかれてもじっくりと腰を据えて全力で取り組むことの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

大事なのは、やる気が湧く条件を並べ立てるのではなく、どんな環境に置かれてもじっくりと腰を据えて、目の前の仕事に全力で取り組むという、骨太な働き方です。


鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

お客様は来てくださらないもの。お客様は来るものと思い込んでいてはいけない。

ハウステンボスを先端技術の拠点にする企画を進めています。今、どんどんベンチャーを育てています。ハウステンボスの敷地は私有地なので、規制を受けずに実験ができる。今後はハウステンボスからいろんな技術が世界に出て行くでしょう。

強ければいい、利益が出ればいいというものではありません。世界で信頼される企業になることが必要です。

一生困らない学びを得るには「どう学ぶか」より、「これを学びたい」と思える環境をどう自分の周りにつくりだすかが重要だと私は考えています。そのためには切磋琢磨する良きライバルや、たまにワンステージ上の人と触れ合えるネットワークをつくることです。

PDCA(計画、実行、評価、改善)サイクルの中で最も大切なのは、プランを立てる企画力です。人が思いつかないようなプランを考え出せるかどうかです。

若い人たちには情熱を持って仕事をして欲しいと願っています。ビジネスでお金を儲けようと思っても、景気の波は読めません。突然、バブルがはじけたり、リーマン・ショックのような金融危機が訪れたり、予期せぬことが起こります。ですから、金儲けよりも、自分が情熱を燃やし続けられることを大切にして下さい。その方が会社も永続的に発展していけるでしょう。

ゲームが当たるかどうかは、実際に出してみるまでわからない。

ページの先頭へ