鎌田和彦の名言|どんな環境におかれてもじっくりと腰を据えて全力で取り組むことの大切さ

大事なのは、やる気が湧く条件を並べ立てるのではなく、どんな環境に置かれてもじっくりと腰を据えて、目の前の仕事に全力で取り組むという、骨太な働き方です。

鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人の何倍も努力するには、何らかのエンジンが必要です。劣等感や夢は、その代表です。しかし、努力を重ねるうちに、努力し続けるには、もっと良い方法があることに気づきました。努力する対象を「楽しみ」に変えてしまうことです。

山本真司の名言|努力し続けるには、努力対象を楽しみにしてしまうこと


まだまだ「パンツ道」を極めたとは言えません。しかし、とにかく良いパンツをつくり世界に誇れるストレッチパンツのリーディングカンパニーを目指しています。

井元憲生の名言|世界に誇れるリーディングカンパニーを目指す


まったく嫉妬が湧かないようなら、逆にまずいかもしれません。問題はそのあと、「自分はどうなのか」という点に意識を向けて、頑張れるかどうかです。「あいつはええよなぁ」で終わるのではなく、「俺ももうちょっと頑張らなあかんな」と思えるか。

森田英一の名言・格言|嫉妬を力に変えるには


読書の目的が「いずれ何か仕事の役に立つだろう」では不十分。「たくさん本を読んでいるのに、あまり仕事の役に立っていない」という悩みを抱える人の大半は、このような受動的な読み方をしてしまっています。「何か得られるだろう」ではなく、こちらから必要な情報を「取りにいく」ことが大切です。

神田昌典の名言|たくさん本を読んでいるのに仕事に役立たない人の特徴


東京には魅力的な伝統工芸がたくさんあります。たとえばカットグラスの「江戸切子」。世界的に有名なチェコの「ボヘミアグラス」に匹敵する高い技術と卓越した美しさをもっています。ただ残念ながら世界的な知名度は不十分です。海外へ売り込むためには、伝統工芸を「マーケティング目線」で捉えなおす必要があるでしょう。

小池百合子の名言|海外へ売り込むためには、伝統工芸を「マーケティング目線」で捉えなおす必要がある


人が力を発揮するのを妨げているのは部門間の壁。これはぶち壊さねばならない。

石村和彦の名言|人が力を発揮するのを妨げているのは部門間の壁


顕微鏡の開発にかける時間はだいたい一ヶ月間ぐらいですね。大手の会社に比べたらかなり短い。でも、まぁうちは40年間も天体望遠鏡を研究開発してきたんだから、観測技術についてはノウハウで他社の医療機器会社に負けるはずがないんだ。望遠鏡が売れなくなって、いま、売れている医療機器の世界に移動してきただけで、まあ、前は宇宙を、いまは人体の中を観測していると言うのかな。分野と販路を変えただけで、仕事の内容は変わっていないんです。

中村義一の名言|ひとつの技術を究めると別の分野にも進出できる


「みんなが私を嫌っている」「今回駄目だったから次も駄目だ」という思い込みは、冷静に立証すれば消えていく。

アルフレッド・アドラーの名言|思い込みは、冷静に立証すれば消えていく


いまの時代は大変だな。情報量が多くて答えが氾濫しているからさ。何でも答えがすぐに与えられちゃうから、それ以上考えなくなってしまうし、発見する喜びも感じられない。それじゃあ、脳も活性化しないと思う。

木村秋則の名言|情報社会の持つ弱点


私は現在、年間500例近い手術を行なっていますが、自分のイメージどおりにはいかない場合もあるものです。それでも、奇をてらわずに、真摯に自分を信じてやるべきことをやることです。すると、私の場合なら年に数回、野球で言う完全試合やノーヒット・ノーランのような会心の手術という御褒美がもらえることもあるのです。

天野篤の名言|奇をてらわずに、真摯に自分を信じてやるべきことをやることが大切


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ