鎌田和彦の名言|常に正しい選択をしなければいけないという思い込み

真面目な人ほど、常に正しい選択をしなければいけないと考えるみたいですけど、もっと適当でいいんじゃないですか。放っておいたらいつの間にか解決していたというようなことも、人生にはたくさんあるのだし。

鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

将棋は、突き詰めると自己否定につながるところがあります。どの手を選ぶかはすべて自分の責任ですから、ミスをしたり失敗したりするのもすべて自分のせい。そう考えていくと、「結局、自分はダメなんだ」ということになりかねません。自己否定に陥らないためにどうするかというと、ある種のいいかげんさ、適当さが非常に大事なのかなと思います。

羽生善治の名言|自分を追い詰めないように、ある種のいいかげんさ、適当さが大事


我々は家族的情義に基づいて明朗健全な会社を建設する。互いに敬愛し、喜憂はともに分かち合う。家族もまた会社と志を一にする。

和田完二の名言|喜びも憂いもともに分かち合う会社にする


前作から7年も空いてしまいましたが、(小説を)書きたいという思いは、以前にも増して強くなってきました。僕という個人が、この先の人生でやりたいこと、やるべきことは何なのか。それを突き詰めたとき、書くことしか考えられなかった。

新藤晴一の名言|人生でやりたいこと、やるべきことは何か突き詰めたとき、書くことしか考えられなかった


いまの時代は物質的なものだけじゃなく、カタチの無い時間にクオリティを求めています。

吉岡徳仁の名言|いまの時代は物質的なものだけじゃなく、カタチの無い時間にクオリティを求めています


高知支店長として赴任したとき、私は営業マンに、次の3つを実践させました。まずは「お客の困りごとはなにかを聞き出す」ことです。2つめが、「お客の困りごとの解決につながる提案をする」こと。そして、「お客の困りごとの解決のお手伝いがしたいという本心を伝える」こと。

田村潤の名言|営業を改善するために実践させた3つのこと


直感力を鍛えるには、本を読む、映画を見る、人に会う。好奇心を広げて、経験を積むこと。情報が集積されていない若い頃は直感が当たらなくても、年齢を重ねるごとに精度があがる。

鳥越俊太郎の名言|直感力を鍛えるには


スタッフが包丁を手にして店内で調理することには重要な意味があります。精神論からいうと、肉に対する熱い思いが生まれます。この思いはとても大事です。肉は工業製品ではないので、ひとつひとつ全部違います。ですから、おいしく提供しようとすれば、部位によって切り方を変える必要があります。肉の知識を持ったうえで、細心の注意が求められるのです。しかし加工センターでは作業量や歩留まりなど効率が優先されます。そこで肉へのこだわりもなくなってしまいます。

高橋淳の名言|こだわりを大切にすることの重要性


入社以来、毎日上司と一緒になって、がむしゃらに働いてきた。

河合利樹の名言|がむしゃらに働いてきた


コーチングは、企業変革を引き起こすきっかけになります。私自身クライアントと二人三脚で歩むうち、気がつけば業務の枠を遥かに超えるほどの情熱を注いでいることがあります。クールさだけでなく、熱さも必要です。コーチは、自分自身の生き方そのものが試される仕事なのです。

鈴木義幸の名言|コーチングには熱い情熱も必要


本来は古風な簿記係の私は、数字は会社の骨格のようなものだと考えていた。数字の相互関係は、本の行間を読むようなものだった。私は会社のだいたいの健康状態と、実績をあげている部門と、問題の所在に見当がついた。

ハロルド・ジェニーンの名言・格言|数字は会社の骨格。数字の相互関係は本の行間を読むようなもの。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ