鎌田和彦の名言|常に正しい選択をしなければいけないという思い込み

このエントリーをはてなブックマークに追加

真面目な人ほど、常に正しい選択をしなければいけないと考えるみたいですけど、もっと適当でいいんじゃないですか。放っておいたらいつの間にか解決していたというようなことも、人生にはたくさんあるのだし。


鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ウェブの時代になって、情報格差を利用した管理マネジメントは崩れました。そうした中では、やる気に徹底フォーカスしたリーダーが必要だと思っています。

答えのない世界で生きたことがない世代は、とにかく教えられた答えを覚えて吸収しようとする。学校で答えを教わる教育ばかりを受けてきたから、手探りで失敗を繰り返しながら答えを導き出す習慣がほとんどない。だから新聞に書いてある情報やテレビが流す情報を、すべて正しいものだと思い込んで覚えようとする。

企業経営はヘリコプターと同じ。努力をして一生懸命にプロペラを回して宙に浮いていねばならない。

ユニクロさんとコラボレーションをして学んだのは、彼らは11月に「創業感謝祭」をやって、自分たちで売上のヤマを築いているんですよね。我々は世の中のボーナスだとか、外因的なヤマにばかり目を向けがちですので、そういった姿勢は大変勉強になりました。

お客様の気持ちになって考えることのできない人は、そもそもサービス業で働くことはできないでしょう。仮にそうした人材がサービス業に就けば、本人にとっても会社にとっても不幸です。

人にはそれぞれ偏った考え方のクセがあります。そうした傾向を把握していれば、ストレスの負荷が高いときに、偏った考えを自分で補正できるようになります。

大切なのは、いまの仕事を何のために、誰のために行っているかということ。

ページの先頭へ