鎌田和彦の名言|絶対的な評価軸を持つことの大切さ

周りから評価されないと嘆くよりも、失敗やストレスやプレッシャーの耐性の強い自分になるということを、絶対的な評価軸として自分の中に設定しておくのはいい方法かもしれません。

鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

例えば3500億円の偶発債務のうち、半分は中国で発生している。シャープは海外に約200社の子会社を持っているが、そこの社長は大半が日本人で、しかも社内評価がAグレードではない人がたくさんいた。Aグレード以上の人材はみんな国内にいた。これからは部長以上の人材にしか海外子会社の社長はやらせない。現地の優秀な人材も登用していきたい。

戴正呉の名言|海外には優秀な社員を送る


基本的に僕は怒らないんです。だって、逆に殴られたりしたら怖いじゃないですか(笑)。どうしても必要なときは、別の幹部に怒り役を頼んでいます。でも、会社全体が緩い雰囲気なので、怒ること自体が少ないと思います。部活にたとえるなら、体育会系ではなく、帰宅部系なんです。

家入一真の名言|怒らない経営


我々が売る建物は、100円200円で買えるものじゃない。デパートで灰皿を買ってくるとか、そういう類のものではないんだから、結局お客様が選ぶときは、一生懸命をお選びになる。そうすると、この人は信用できるな、この人は熱意があるな、この人は若いけど違うなという人を選んできます。だから、あまり近視眼的に考えないこと。人間を磨きなさいと。若い人にはそう話しかけています。

大野直竹の名言|お客様に信用してもらえるように人間を磨く


組織の構造やルールがフラットなだけではありません。社員全員が同じ立場に立って、対等に議論できる環境を大切にしています。年齢差や、役職による権限の違いはあっても、人間対人間として本音で話し合い、何でも言いたいことを言い合える――そういう文化が定着して初めて、本当の意味でフラットな組織だといえるのではないでしょうか。

星野佳路の名言|対等に議論できる環境を大切に


休みはありません。日本にいるとき、平日は朝から晩までカプコンの仕事、平日の夜と土日は個人事業のワインの仕事と区切っています。50代のときよりも働いていますね。
【覚え書き|70代半ばの発言】

辻本憲三の名言|精力的に働く


人生、何ごとも一回で終わるわけではありません。何度でもやり直せます。

大竹美喜の名言|人生何度でもやり直せる


真にプロフェッショナルならば、ミスはまず「恥ずかしいこと」と感じなければ失格だ。恥ずかしいと受け止めて初めて「二度とミスしたくない」と思い、「じゃあ、どうすれば失敗を回避できるか。改善できるか」と考えられるからね。

野村克也の名言|プロフェッショナルにとってミスは恥ずかしいこと


メンタルが強い人とは、想定外のアクシデントが起きたとき、動じない人ではありません。不安材料を事前に徹底的に洗い出し、準備段階でそれを潰していく人です。だからこそ「どうしよう」と途方に暮れるような場面が減る。すなわち、何事にも対応できるメンタルが手に入るのです。

荒木香織の名言|メンタルが強い人の特徴


デッドライン(締め切り)を引くと、締め切り効果が働き、思考スピードが上がるというメリットもあります。試験のときは制限時間があるから、誰しも頭が活発に働いたでしょ。あれと同じことを日々の仕事でもやるわけです。

吉越浩一郎の名言|デッドラインが思考スピードを引き上げる


まだまだ「パンツ道」を極めたとは言えません。しかし、とにかく良いパンツをつくり世界に誇れるストレッチパンツのリーディングカンパニーを目指しています。

井元憲生の名言|世界に誇れるリーディングカンパニーを目指す


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ