鎌田和彦の名言|絶対的な評価軸を持つことの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

周りから評価されないと嘆くよりも、失敗やストレスやプレッシャーの耐性の強い自分になるということを、絶対的な評価軸として自分の中に設定しておくのはいい方法かもしれません。


鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私はこの失敗(インテルがデジタル腕時計事業を起こし、1500万ドルの赤字を生み出し撤退した失敗)の後、教訓としてかなり長い間、このデジタル腕時計を身に着けていました。最近でも折に触れて電池を入れ替えては使っています。ただし、誤解されやすいのですが、私がこの腕時計をするのは、こんな失敗を二度としないようにという思いからではありません。逆に、こんな失敗だってできたじゃないか、私たちはいま、ちゃんとリスクを取って挑戦しているだろうかと、だんだんリスクを取らなくなる自分たちを戒める思いの方が強いのです。

いい漫才をしているときは、何をしゃべったか憶えてなかった。いい映画を撮っているときは、神経がピリピリしてくる。いい絵を描いているときは、よだれが垂れる。集中しているかどうかってことなんだろうが、では、どういうときに集中するかっていうと、これがよくわからない。自分でコントロールできるものではないようだ。わかるのは、集中しているときは、脳みそを全部使っている感じがするってことだ。

多様性を尊重することを突き詰めて考えると「自分の当たり前が当たり前でない人といかに向き合うか」ということ。つまり、自分と異なる人に対して「何で違うんだろう、嫌だな」ではなく「そういう考え方もあるんだな」と考え、それを取り入れていく。

俺は「恥の意識」を「プロ意識」と同義だと思っている。当たり前のことができない野球選手は、恥ずかしいことに他ならない。しかし、そんな時に「恥ずかしい」と思えることもまた、大事なプロの条件。例えば試合でミスをした時。心底、恥ずかしいと思った人間は、次の策を練るもんだからだ。

事業を伸ばすには「一番低いところ」を改善すればいい。その企業の一番弱いところ、と言い換えてもいいでしょう。

消費は、かつてのような楽しみではなくて効率が大事になっている。

自分たちの計画通りに行かなければ、変えればいいだけの話です。

海外展開を進める我々にとって欠かせないのが外国人スタッフです。よく人手不足から外国人を雇用するというネガティブな話を耳にしますが、当社の場合は全く逆で、グローバルブランドを目指す上で必要だと考えて積極的に取り組んでいます。

30代で半人前から一人前のビジネスマンに成長するために、やっておかなければならないのは、仕事のツボや本質といったものを学ぶことです。仕事の成否を分けるポイントは何か、何のためにこの仕事があるのか、この仕事の本当の喜びとは……。こういったことを上司や取引先の人といった人生の先達から、いかに吸収するか。それによって、30代以降に成長できるかどうかが決まるといっても過言ではありません。

労働をすぐ金銭と結びつける今の考え方からすれば馬鹿なことのようだが、私は勤務と給料は別に考えていた。現在でもこういう人は皆無ではないだろうが、やはり少しはこんな気持ちも残しておきたいものである。
【覚書き|残業代をもらわずに家に仕事を持ち帰って深夜まで仕事をし、朝は出勤に間に合わないのでわざわざタクシーを使って出社していた時代を振り返っての発言】

ページの先頭へ