鎌田和彦の名言|絶対的な評価軸を持つことの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

周りから評価されないと嘆くよりも、失敗やストレスやプレッシャーの耐性の強い自分になるということを、絶対的な評価軸として自分の中に設定しておくのはいい方法かもしれません。


鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は学生時代から出産は楽しい経験になり得るとの印象を持っていました。家庭教師先のお母さんが、出産の素晴らしさをいつも楽しそうに話してくれたからです。でも私の出産イメージは例外的なのだとあとで気づきました。ほとんどの日本人が出産について初めて触れる情報は、ネガティブなものが多いのが現状です。

女子の選手からは「サッカーができるだけで幸せ」という気持ちがありありと伝わってきた。その姿を見て、もっといいバックアップをしてあげたいと思った。世界一の女子の環境をつくってやろうと。
【覚書き|神戸レオネッサ設立を決意したきっかけについて語った言葉】

人間は元来、論理的にはできていないので、論理的に思考しているつもりでもしばしば間違えます。この欠点をきちんと自覚したうえで、論理思考をひとつのパワフルなツールとして使うべきでしょう。

私の考え方や思い、事業の方向性など、何回も同じことを繰り返し伝えています。これに尽きます。

人に面白いと思われることを言ったりしたりするためにはまず、自分の行動や言動が、他者から見るとどう突飛に、意外性をともなって映るかを知る必要があります。

付加価値に対してお客様は対価を払ってくださるわけで、我々は付加価値の高い仕事していくべきなのです。

どの企業でも、収益化を考え始めると、利用者は必ず変化に気がつきます。あ、何かスイッチが入ったなと(笑)。そこに全く収益化を考えない企業が登場すると、「この会社は純粋でいい」と利用者の支持を得ます。いったん利用者が新しいサービスに動き始めると、もうその流れを変えるのは難しい。過去に成長が止まったほとんどのネット企業が同じ道を歩んでいます。

ページの先頭へ