鎌田和彦の名言|簡単に上手くいくような仕事だとやる気が出ない

大人が小学生とゲームをやって負かしても、嬉しくないのと同じで、あまり簡単に上手くいくような仕事だと、逆にやる気が出ないと思いませんか。僕は、なかなか達成できず周りからも認めてもらえない状況の方が「よし、なんとか跳ね返してやるぞ」と、俄然、アドレナリンが出てきて楽しくなります。

鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

15年以上この仕事をつづけてきて、とにかく「ものを楽しむ」テンションを維持することが大事だと思っていて、「これは楽しいや」と思っていると、何か閃くんです。

何よりも意識しているのは、怒らないこと。僕、昔からケンカは絶対にしないんです。腕っ節が弱いので、ケンカしても絶対に負けるから、というのが一番の理由ですけど、プリプリ怒っているのはやはり健康によくないでしょう。

商品をつくるときには、はじめに何のためにこういう商品を出すのか、という心があるんですよ。そういう立ち上がりの心が、販売の各段階のそれぞれの担当の人に伝わらなければ、正しい販売はあり得ないというのが私の哲学なんです。

会議の予定を終了時間まで書くと、ズルズルと無駄に時間を使うことがある。何事も早めに終わらせ、次の案件にすぐ取りかかるか、余剰時間を作るようにしています。

世間の人は、とかく小事を嫌って大事を望むけれども、本来、大は小を積んだものである。だから、小を積んで大をなすほかに方法はない。

仕事を投げ出したいと悩んでいる人には、何がどう忙しいのか具体的に聞いてみたい。一日の仕事を円グラフに書き出してみると、優先すべき仕事と、要領よくこなせばいい仕事がわかります。仕事のコアを見極めて時間を割り振れば、忙しくて悩むことはないはずです。

ゼネコンのランキングは、いまだに受注高や完工高で決められていますが、赤字転落によって学んだ最大のことは、大切なのは利益額だということです。

手軽にできるスポーツで、スタイルが良くなって、自信ややりがいを得られ、頭もスッキリし、何と言っても健康になれる。ランニングはビジネスパーソンにとって、多くのメリットをもたらす万能スポーツではないでしょうか。

ものには適正納期や適正価格があります。私たちが手掛けているスパのビジネスは、人間が人間らしくあるために使ってもらうサービスです。うちが無理を言って納期を早めてもらったため、取引先が週末も休めないで働くことになったとしたら本末転倒です。お互いのビジネスが成り立つスケジュールや予算をきちんと組んで、無理なことは要求しないというのが基本です。

新入社員でも1年経てば、かなり差がつきます。ただ、なぜ差がついたのか、いまの位置は固定ではなく、次の半年間に何ができれば変わるのか、上司は本人にきちっと説明します。逆にいえば、よい結果を出してアドバンテージをもらえたとしても、そのままラクができるわけではありません。誰もがそれぞれ置かれているいまの状況に対して、もう一段階成長するために何をするかが、常に求められています。

ページの先頭へ