鎌田和彦の名言|簡単に上手くいくような仕事だとやる気が出ない

このエントリーをはてなブックマークに追加

大人が小学生とゲームをやって負かしても、嬉しくないのと同じで、あまり簡単に上手くいくような仕事だと、逆にやる気が出ないと思いませんか。僕は、なかなか達成できず周りからも認めてもらえない状況の方が「よし、なんとか跳ね返してやるぞ」と、俄然、アドレナリンが出てきて楽しくなります。


鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

起承転結を踏まえて冗長に書くのは営業日報としては失格です。営業日報はたとえて言えば「生野菜」のようなものです。煮物や炒め物にするのは上司の役目。とにかく簡潔に、具体的に書くことです。

若い監督をサポー卜するには熟練の参謀でなけならないというのが本音である。

当社で世界中の企業管理職4000人に「価格戦争」について聞いたことがあります。世界全体では46%の回答者が価格戦争に陥っていると答えました。とくに日本では84%です。世界全体に比べてはるかに高い。これが低収益率の主要な原因です。

私自身が好きな言葉のひとつに「プロフィット・イズ・オピニオン、キャッシュ・イズ・ファクト。(利益は意見、現金は事実。)」という言葉があるんです。利益は会計基準の適用次第で数字が変わってくるでしょう。その点、どれだけお金が入ってきて、どれだけ出ていったかというキャッシュフローは算出するのは面倒なんですが、何よりもごまかしがききません。

能率が上がる時間帯を知っておくのも大切です。私の場合、集中できるのは朝よりも夜です。とくに新しいことを覚えるのは、深夜が適しています。寝る前に覚えて、翌朝すぐに復習すると、記憶への定着がいいようです。

以前、成績の悪い営業所に、新しい所長を赴任させたことがあります。所長は営業所を覆っていた暗い雰囲気を払拭しようと、毎朝、おはようと声をかけ始めました。ところが、部下は誰も挨拶を返さない。普通なら別の方法を模索したくなるところです。しかし、所長は諦めずに挨拶を続けたところ、次第に返事が返ってきて、一週間後には部下同士で挨拶を交わすまでになった。もちろんその営業所に活気が戻り、成績が回復したことは言うまでもありません。

就任早々に訴えたのが「ノーミーティング、ノーメモ(資料)」です。つまり会議不要、資料不要という意味です。やるなと言っても本当に会議や書類がゼロになるわけではありません。それぐらい厳しく言って、ようやく少しずつ減っていく。私が言いたいのは、すべてをゼロにせよということではなく、ムダなものを省き、必要なものは合理的に進めていこうということです。

若い時、米ニューヨーク支店に赴任しました。着任早々、先輩に英語の上達法を尋ねると、「英語漬けの生活を送る」という助言をもらいました。帰宅後もテレビやラジオをつけっ放しにして、ネーティブの英語を耳に流し込むのです。今でも覚えていますが、まさに丸3カ月たった日にどんな単語も聞き取れるようになったのです。意味が分からない単語もあったので、すぐに会話の内容を正確に理解できたわけではありませんが、後は語彙力を磨けば上達します。恐らく毎日続けるうちに英会話を聞く脳が出来上がったのだと思います。投資でも毎日続ければ、必要な脳が作られると思います。

企画書のタイトルはオリジナリティー溢れるプロジェクトの内容が、一目でわかるものにしよう。また、内容を箇条書きで書き出すことはいいが、多すぎてはいけない。一般的に人間が一度に把握処理できる数は「7プラスマイナス2まで」とのいわれる。しかし、私は5でも多いと思う。一目で見て理解してもらおうというのなら、せめて3つくらいにとどめておきたい。

人間というのはお互いを知ることから始まる。企業でも人間の集団ですから同じ。

ページの先頭へ