鎌田和彦の名言|仕事に対する満足感

このエントリーをはてなブックマークに追加

周囲の期待に応えられたときは嬉しいし、その満足感をまた味わいたいから、次も頑張ろうと意欲が湧いてきます。働くことの意味って、案外そういう単純なことなんじゃないでしょうか。お金のためや食べるためだけじゃ、それほど大きなパワーは発揮できないと思います。


鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

学生時代は確かに、先生が言ったことをひたすら書き留め、それを暗記すれば、テストで「正解」が得られました。ただ、ビジネスには正解などありません。

門司工場閉鎖のとき、社外からの圧力は凄いものがありました。そのときは相手の懐に飛び込み、かつ毅然とした態度で誠心誠意、徹底して話をし、最後は親友のようになりました。

僕も勤め人の経験がありますが、会社を経営する側というのは、従業員に対して、場所、時間、資金、技術といった、いわば仕事のきっかけしか与えられないのです。つまり、その人の仕事が伸びるうんぬんは、与えられた環境に対してどれだけ本人が目覚めて、それを膨らませられるか否かの差だと思います。

生命保険は、ご契約者の想いを保険金・給付金のお受取人に託したものだと思うのです。ですから、保障の内容はもちろん大切ですが、「生命保険の真の価値」は、ご契約後の長期間にわたる継続的なサービスの積み重ね、「アフターフォロー」にあると考えています。

メガネ21を創業する前に勤めていた大手メガネ店で、社員を何より大切にし、自身は贅沢をせずに会社を大きくしてきた創業者が退き、アメリカ帰りの2代目があとを継いだ途端、組織はガラリと変わりました。経営者の一族だけに権力と富が集中する仕組みになってしまいました。経営者が全権を握ると、その人がこけたら会社もダメになります。ならば権限は全社員に分散させればいいのです。ホストコンピュータがダウンしても、全体で分散処理できるインターネット型の組織にすればいいのです。
【覚書き|独自な経営の仕組みをつくるきっかけを語った言葉】

インターネット、ゲーム、法人向けビジネスは競争が非常に激しくなっています。従来と同じようなビジネスを続けていたら、生き残れません。そのためにも顧客視点の浸透がもっとも重要な課題です。

最近聞いた話ですが、江戸時代も今の日本と同様、人口の増加や所得面で停滞が見られたそうです。しかし、江戸時代の人たちは精神的に豊かな生活をしていたようで、文化的にも浮世絵など後世に残る素晴らしいものが生まれています。今の日本は暗い論調ばかりが目立ちます。だからこそ、もっと楽しく人生を送ることができるのではというメッセージを発信する必要があると感じています。

私が見てきた世界のエリートたちは、仕事において基本に忠実だという共通点があります。普遍的な基本に徹しているからこそ、そこに日頃から積み上げてきた経験や知識、アイデアを組み合わせることで、その人にしかできない応用が効いてくるのです。

失敗の原因がはっきりしたからには、その「逆」をやればいいだけの話。「逆」をやるようになった私は、やることなすことというほどに成功を得られるようになった。

BSE(狂牛病)問題で得た教訓はリスクの分散ですね。それまでは85%ぐらいが肉に偏っていましたから。今はお肉を扱っていない業態を増やし、リスクの分散をしております。事業部別の売上構成比も80%が精肉と惣菜だったのを、私が社長になってこの2年間、売上構成比を分散させる方針をとりました。

ページの先頭へ