鎌田和彦の名言|仕事に対する満足感

このエントリーをはてなブックマークに追加

周囲の期待に応えられたときは嬉しいし、その満足感をまた味わいたいから、次も頑張ろうと意欲が湧いてきます。働くことの意味って、案外そういう単純なことなんじゃないでしょうか。お金のためや食べるためだけじゃ、それほど大きなパワーは発揮できないと思います。


鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ベンチャーキャピタリストとしては、この4つが最も充実した起業ベンチャーに投資すべきである。

  1. 未来に向かって困難を乗越える、経営陣の起業家精神
  2. 社会貢献する強力なマネージメントの仕組み、幹部人材およびファイナンスの構成
  3. 世界に実在する情報不完全な他人たる顧客に、競争状態かつ、未成熟市場環境の中、ピカッと光る未来商品を提供するイノベーション
  4. ボトルネックのない合理的な運営オペレーション

大学経営といえども財務の重要性をもっと知ってほしい。財の独立無くして学の独立は無く、学の独立無くして学問の自由は無い。

どんなに努力しても、それが時代の流れに沿ったものでなければ、世の中に受け入れられず、キャリア満足度の向上にはつながっていかないでしょう。逆に、「時代の半歩先」に向けての努力であれば、キャリア満足度向上につながる可能性が大いにあります。

グローバル企業の「グ」の字も経験したことのない人たちを集めて、いきなりグローバル戦略を描きなさいと言ったって、それは描けなくて当たり前ですよ。

仕事に取りかかる前にやるべき3つのステップ

  1. やるべき仕事をすべて書き出す。
  2. そのうち捨てる、もしくは部下や外注など人に任せる仕事を決める。
  3. 残りの仕事に優先順位をつける。

ペッパーの人型からのアプローチは一つあると思うんです。しかしせっかく日本発でパーソナルロボット産業が盛り上がりつつある中で、それを継続的かつ世界的なムーブメントにするためには、他のアプローチも含めて全方位的に盛り上げていく必要があると思います。僕たちはペッパーがカバーしていない方角からアプローチして、共にロボット産業を盛り上げて行きたいと考えているのです。

決心することが社長と大将の仕事である。

ページの先頭へ