大島有美子の名言|次の世代に何かを残せるような仕事を

このエントリーをはてなブックマークに追加

20代は社会のことをほとんど知らず、周囲に迷惑をかけっぱなしでしたが、無我夢中でした。30代はラッキー続き。そして40代は、惑って、揺れて、悩んでばかりいました。でも50代には、新たな目標が見えてくる気がしています。次の世代に何かを残せるような仕事がしたい。


大島有美子 の経歴

大島有美子、おおしま・ゆみこ。日本の経営者。デビアス・ダイヤモンドジュエラーズ・ジャパンCOO(最高執行責任者)。東京出身。日本大学芸術学部、日本大学法学部卒業後、レリアン、レナウンルックなどを経て三菱商事に入社し、マーニ、クリツィアなどの海外高級ブランドを取り扱う業務に携わる。その後、ジバンシィブティック・ジャパンを経て、ウォルフォード・ジャパンに入社。同社で社長を務めたのち、リシュモンジャパンでカルティエの市場戦略企画を担当。その後デビアス・ダイヤモンドジュエラーズ・ジャパンCOOに就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は本を読むとき、注目した部分をノートに書き写します。1ページまるまる写したりもします。何のために注目したのか、要するにどういうことなのか、それも一緒に書きとめるのです。こうして新たな発想の種が生まれます。それは、アイデアをひねり出すためのキーワードです。アイデアを生むためには、考える時間を別に取らなければなりません。私の場合、メールマガジンを利用しています。書くという作業は、アイデアをまとめるのに非常に役に立ちます。メールマガジンの執筆という作業は、まとまった量を定期的に書くことになるため、思考を整理するのにうってつけです。

ビジネスでは、不測の事態は起こって当たり前です。極端な話、「不測の事態しか起こらない」と言ってもいい。

自分が面白いと思ったことは、すぐに自分でやってみましょうよ。自分が周囲に与えたものは必ず自分に返ってくるものだから。

経営にまぐれはない。

ネットにおける文化やテクノロジーというのは全世界でかなり共通化されていますから、日本で流行ったものは、同じ環境を作ることができれば、海外でも成功すると思っています。

我々、旭化成の強みは、新しい社会的価値をつくり出していくというところに全員の興味と熱意があることです。それに旭化成はしつこいです。やり始めた以上は、絶対に成功させるまでやります。

なんとなく生きるよりもチャレンジしたい。

職場や家庭でもちょっとした思慮不足が失言につながることはおおい。直属の上司の前で派閥の違う上司を持ち上げてしまったり、言葉足らずな物言いで夫や妻を怒らせてしまったり。そういうときのリカバリーでも、間に人を立ててワンクッション置くのは有効です。

いかなる企業においても、自由な情報の流れが必要とされる理由は、経営者は自分の会社と市場の現実を知ることによってのみ、満足のいく経営を行うことが期待できるからだ。

様々な人材を外部から招聘しています。当社は比較的たくさん受け入れている方だと思います。様々なカルチャーを持った人に来てもらって、カルチャー・ミックスをしています。

ページの先頭へ