安岡正篤の名言|何をしたかということと、どういう人間かということは別

ずるいことをやったり、人を押しのけたりして、地位や財産をつくるのも人間の能力、知能のひとつであります。それを使っていろいろのことができる。できるけれども、そんなことができても、これは人間としては少しも偉いことではない。社会的には偉いかも知れぬが、人間としてはむしろ恥ずべきことであります。何を為すか、何をしたかということと、彼はどういう人間か、いかにあるか、ということとは別である。

安岡正篤 の経歴

安岡正篤、やすおか・まさひろ。日本の思想家。陽明学者。大阪出身。東京帝国大学法学部政治学科卒。卒業時に出版した『王陽明研究』が反響を呼ぶ。大学卒業後、文部省に入省するも半年で退官し東洋思想研究所を設立。大正デモクラシー期に伝統的日本主義を説いた。その後、日本の多くの指導者に影響を与えた人物

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

企画書で必要不可欠なのは、コスト的な要素です。どんなに魅力的な商品でも、ビジネスとして成立しない企画は論外です。

川本隆一の名言・格言|ビジネスとして成立しない企画は論外


従来、最終的な決定は本体の社長にゆだねることができたが、システム社(疑似的に分社化した事業部門)では自分が最終意思決定者であり、ラストマンとして決断し判断しなければならない。

川村隆の名言・格言|最終意思決定権を委任する


価格だけを考えると、人件費の安いところでつくるべきで、もしそこの人件費が高くなれば工場を移転する。そういう考えの会社もたくさんあります。でも当社は違います。日本国内もそうですが、海外でも工場を自社所有するとともに、終身雇用を基本としています。会社と従業員が信頼し合えば、取引先も信頼してくれる。そういう人間関係ができれば、価格競争にも巻き込まれなくてすむわけです。

村井史郎の名言|会社と従業員が信頼し合えば、取引先も信頼してくれる


30代って生意気じゃないと駄目だと思うんです。生意気は自信がなければできないし、能力がなければできない。僕は生意気な部下にはどんどんボールを放りますよ。そんな生意気いうなら、やってみろと。そうされることで、生意気な奴はますます力をつけていくのです。最初から自信のなさそうな部下には、誰もボールを投げません。だから30代は生意気な方がいいんです。

高井英幸の名言|30代は生意気じゃないと駄目


基本的に人は善人だと思っています。何かの事情で悪いことをしてしまうことはあるかもしれませんが、最初から悪人はいないと思っています。どんな人でも苦しいときがあって、好き好んで悪いことをするような人は少数派ではないでしょうか。

林野宏の名言|基本的に人は善人


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ