稲盛和夫の名言|もうダメだというときが仕事の始まり。

このエントリーをはてなブックマークに追加

もうダメだというときが仕事の始まり。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

リーダーは私心を持つ余裕もなく、業務に邁進することが大事。

挨拶の仕方や起床時間、会話の内容やランチの店など、できる先輩がなぜそのような行動をしているのか、それがどう仕事に影響しているのか。そう意識しながら先輩を真似ていくと、たとえば歯の浮くようなお愛想が、実は人間関係に役立っていたりと、予期せぬ因果関係に気づくはずです。一挙手一投足を真似することで、自分に足りないものが実感としてつかめてくるのです。

百貨店を伸ばすためには、利益の源泉である売り場の最前線で働く人を大切にして、接客力を強化しなくてはなりません。

放送が始まる何ヵ月も前から撮影が始まります。その間、視聴者からの反応はありません。ひたすら自分の芝居をモニターで確認し、反省するだけです。

シリコンバレーの場合、「失敗=経験」と評価されます。失敗が多いと、逆に評価が上がるのです。今回初めて起業する人と3回失敗した人。同じ規模の企業であれば、ベンチャーキャピタリストは失敗を経験している方に投資をします。失敗経験が無い人は、大きな壁に直面した際に乗り切れるか不安ですが、失敗した経験を積んでいる人は、どうにか対処するだろうと信用されるのです。

職人技にも近い高度なアナログ技術がなければ、デジタルの性能を引き出すことができないばかりか、製品に価値を付けることができません。ところが、ほとんどの日本メーカーはデジタルにあまりにも傾倒しすぎて、本来は重要であるべきアナログ技術をおろそかにしてきました。これから日本が再び復活していくには、10年あるいは15年をかけてでも優れたアナログ技術者をもう一度育成することが重要です。

自分に聞いてみたら、刻まないでしょと即答でした。
【覚え書き|重要なショットをどう打つか決めたときを振り返っての言葉】

ページの先頭へ