細谷英二の名言|誰もが成長を約束されている

どんな人でも努力すれば成長しますし、その意味で誰もが成長を約束されているのです。そして、一人一人の成長の結果が企業の成長につながるわけです。

細谷英二 の経歴

細谷英二、ほそや・えいじ。日本の経営者。りそな銀行会長。熊本県出身。東京大学卒業後、国鉄に入職。JR東日本副社長を経てりそなホールディングス社長・会長。異業種の経営ノウハウを銀行に応用し、経営難に陥っていた同行の立て直しに成功した経営者。経済同友会の副幹事なども務めた人物。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

デザインは第一印象。売れる、売れないに直結するから高度な経営判断が必要。

私はヘッドハンターという仕事柄、多くの経営のプロのお会いします。そこで経営者の方々に、ご自身の成長のきっかけやその経緯についてうかがうと、みなさん必ずといっていいほど「抜擢される機会に恵まれた」とおっしゃいます。さらに詳しくお話をうかがっていくと、みなさん、抜擢されるための人脈づくりを地道にやっておられることがわかります。決して幸運に恵まれたからだけではないのです。

私たちは近い将来、際限ない消費に終始する生活を続けるか、情熱をもってなにかを生み出す生活に転換するか。その選択を迫られるようになるでしょう。

ソフトバンク時代であっても、私は日曜日には休むよう心がけていました。週に一日くらいは、仕事のことを忘れて過ごすべきです。休みの日なのに、ぐじぐじと悩むのは、体にも良くないし、仕事にも良くありません。気が重い報告であっても、金曜の夜までに済まし、リフレッシュする週末を過ごしましょう。

こころ躍る製品をつくれ。

株式上場は企業家の情念をどう整理するかにかかっている。

やる気を刺激するものが何かあれば、人間はいつも以上の力を出すものです。

「決まった時刻に起床・就寝する」「7時間睡眠を取る」「日中に十分な活動(運動)をする」。これらをまずは実践してください。そうすれば、質の良い睡眠が得られるようになり、メンタルを安定させることにつながります。

店長はおやじになってもらいたい。私は自分の子供と思って店長を育てましたが、その家族主義を拡大してもらいたい。家族的な経営は自然にできたものですが、私が温かい家庭に飢えていたからかもしれません。私の母は私を産んでから1ヵ月で死んでしまいましたから。

自分で自分を客観視するのは難しいですね。その点で、ウィークタイズ(弱い結びつき)の関係にある人は的確なアドバイスをしてくれる可能性が高い。

ページの先頭へ