是枝裕和の名言|担当のセクションを越えて意見が言い合える環境をつくることの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

三作目の『DISTANCE』でも、テレビのやり方に近づけるために現場で働く人数をギリギリまで減らして、テレビ的な横の連携で映画をつくってみたんです。たとえば録音の人も音だけを聞きながら「このセリフのニュアンスは違うんじゃないか」などと演出と脚本にも意見を言ってくれる。担当のセクションを越えて意見が言い合える環境が理想的だと思っています。


是枝裕和 の経歴

是枝裕和、これえだ・ひろかず。日本の映画監督。東京出身。早稲田大学第一文学部文芸学科卒業後、番組制作会社テレビマンユニオンに入社。テレビ番組のAD、ドキュメンタリー番組の演出家、ディレクターなどを務めたのち、『幻の光』で映画監督デビュー。海外でも高い評価を得て、ヴェネツィア国際映画祭やトリノ映画祭をはじめ、国内外の多数の映画祭で賞を受賞した。そのほか立命館大学産業社会学部客員教授、BPOにおける放送倫理検証委員会の委員なども務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

フリービットを創業した際、物事の全てを会議ベースで決めていったのですが、これが間違いでした。ベンチャー企業であるのに、なかなか物事が進まなくてイノベーションが全て止まってしまったのです。

肯定的なものも否定的なものも含めて、自分のメディアでの活動に反応をいただくことはとても役に立っています。

経営コンサルティングをしてきたなかで感じるのは、とりわけ優れた経営者や管理職は、「明日延ばし」にすることはないということ。彼らは情報を入手したら、すかさず決断したり、今すぐ行動に移したりする傾向が人一倍顕著です。

人生には限りがあります。全力で夢の実現に取り組むのなら、何かひとつを選ぶのではなく、選び取った以外の物事をすべて切り捨てる覚悟が必要です。それは「選択と集中」ではなく、「一極集中」といえるでしょう。

祖父がアフリカに渡ったときは、財産らしいものは何ひとつありませんでした。それがダイヤモンドで財を成すことができた。アフリカに対する感謝と敬意は忘れることがありません。「Living up to Diamond(ダイヤモンドの輝きに恥じない行動をとる)」というのがデビアス・グループの理念ですが、それはまさに私のアフリカに対する思いなのです。

思考の整理を阻害し、逆に混乱を招いてしまう原因として、「情報のインプット量をコントロールできていない」ということが考えられます。

「なぜ井村さんのチームはメダルを取れるのですか。結果を出せるのですか」とよく聞かれます。答えは簡単で、「結果を決めているから」です。

ページの先頭へ