是枝裕和の名言|いろいろなスタッフと仕事をする意味

「面白いことを言ってもらえたらその分映画が面白くなる」という関係の方が、いろいろなスタッフと仕事をする意味があるんじゃないかと思っています。

是枝裕和 の経歴

是枝裕和、これえだ・ひろかず。日本の映画監督。東京出身。早稲田大学第一文学部文芸学科卒業後、番組制作会社テレビマンユニオンに入社。テレビ番組のAD、ドキュメンタリー番組の演出家、ディレクターなどを務めたのち、『幻の光』で映画監督デビュー。海外でも高い評価を得て、ヴェネツィア国際映画祭やトリノ映画祭をはじめ、国内外の多数の映画祭で賞を受賞した。そのほか立命館大学産業社会学部客員教授、BPOにおける放送倫理検証委員会の委員なども務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

易では自然のリズム、宇宙の法則と重なることで、必要としているものが向こうからやってくると言います。運に支配されない生き方が身につくのです。

事業を成功させるうえで何よりも大切なのは、その事業がうまくいけば将来どうなるのかという「ビジョン」です。

チェーン店として、店コンセプトごとの最大公約数的な品揃えで、お客様のニーズに応えていく。これが規模利益の創出になり、当社の強みになるんです。

確かな成長には、市場の動きに合致した事業が欠かせない。

米国留学で得た大きな収穫のひとつは、10のうち8の力を準備に使うくらいの覚悟がないと、交渉の席についてもらえないということを学んだことです。そのころのアメリカでは、アジア人は常に身分証明書を5種類携帯することが義務付けられていました。ひとつでも足りないと両替もしてくれず、どんなに頼み込んでも絶対に首を縦に振ってくれません。アメリカというのは万事がこの調子でした。

TOEICで大事なことは「答えあわせをしただけで終わらせない」ことです。試験勉強である以上、時間を計って問題を解き、答えあわせをして採点するのは最低限必要。ただ、英語力をつけるという観点からすると、さらに、その先でどう復習するかがとても大事。

日本はビジネスの習慣が独特ですから、難しさはありました。実力だけでは動かない。周囲との関連性が大きいですし、餅は餅屋でIT屋の私が説いても怪しまれてしまいます。石橋を叩いても渡らない日本の体質ですが、好きなだけ叩いてもらいました。

聞いた内容を他人事ではなく自分事に落とし込めるかどうかでモチベーションが違ってきます。だからこそ相手に合わせて話すようにしています。

「分からない企画書」であっても、頭ごなしに否定することはありません。よく分からない「多くの人が否定する企画」は、ダイヤの原石の可能性があるからです。斬新なネットサービスは、企画書では、その魅力をうまく伝えるのは難しいでしょう。実際に利用してみないと、面白さが分かりにくいサービスだからです。企画書では理解できなかったが、やってみると、とても面白い。そんな企画がたまにあります。

提案が採用されるか否かの決め手は、内容だけではありません。どのような伝え方をしたかが大きなポイントとなります。言い換えれば、「コミュニケーション力」がカギなのです。

ページの先頭へ