是枝裕和の名言|いろいろなスタッフと仕事をする意味

「面白いことを言ってもらえたらその分映画が面白くなる」という関係の方が、いろいろなスタッフと仕事をする意味があるんじゃないかと思っています。

是枝裕和 の経歴

是枝裕和、これえだ・ひろかず。日本の映画監督。東京出身。早稲田大学第一文学部文芸学科卒業後、番組制作会社テレビマンユニオンに入社。テレビ番組のAD、ドキュメンタリー番組の演出家、ディレクターなどを務めたのち、『幻の光』で映画監督デビュー。海外でも高い評価を得て、ヴェネツィア国際映画祭やトリノ映画祭をはじめ、国内外の多数の映画祭で賞を受賞した。そのほか立命館大学産業社会学部客員教授、BPOにおける放送倫理検証委員会の委員なども務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私の好きな言葉は「悲観は感情、楽観は意思」です。フランスの哲学者アランの言葉です。生きていれば苦労することはいくらでもあります。そうした時に、この言葉を考えてみることによって、どちらかというと楽観主義の方に進めるようになります。自分自身を鼓舞してくれる言葉です。

豊田正和の名言|自分を鼓舞してくれる言葉


私がウォールストリートに足を踏み入れたころはひどい景気で、まるで掃きだめのようだった。しかし、私は利益を出すことができたし、やがてウォールストリートの景気はよくなり、今では誰もがそこを目指すようになった。

ジム・ロジャーズの名言|不景気でも利益は出る


交渉していた選手が他のクラブへ加入したこともあります。でも、だからといって、失敗だとは思わない。全力で取り組んだ経験は、間違いなく財産になりますから。

久米一正の名言|全力で取り組んだ経験は、間違いなく財産になる


「頑張っても、頑張らなくても賃金が同じ」ということでは納得感がありません。人事評価制度に必要な視点は、ひと言でいえば、「フェアに差を付ける」こと。頑張っている人にもそうでない人にも一律の賃金が支払われる「平等という名の不平等」から脱却しなければいけない。

高橋恭介の名言|人事評価制度に必要な視点は、「フェアに差を付ける」こと


東京ディズニーランドと同じことをやっていてもお客さんは来てくれないので、違うマーケットを狙わないといけません。例えば、我々はシニアを取り込めます。100万本のバラを手入れして、客が減るゴールデンウィーク後の目玉にしました。ほかにも、秋にはガーデニングのワールドカップを開き、冬には1000万本という、日本一の規模のイルミネーションを飾っています。

澤田秀雄の名言|大手と同じことをしないことが大切


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ