是枝裕和の名言|自分の持ち味を前面に出すことの大切さ

映画にしなくちゃと思うのはもうやめよう。自分はテレビの人間なのだから、テレビディレクターとして面白いものを撮影しよう。
【覚書き|一作目の映画の反省をもとに、二作目にとりかかったときを振り返っての発言】

是枝裕和 の経歴

是枝裕和、これえだ・ひろかず。日本の映画監督。東京出身。早稲田大学第一文学部文芸学科卒業後、番組制作会社テレビマンユニオンに入社。テレビ番組のAD、ドキュメンタリー番組の演出家、ディレクターなどを務めたのち、『幻の光』で映画監督デビュー。海外でも高い評価を得て、ヴェネツィア国際映画祭やトリノ映画祭をはじめ、国内外の多数の映画祭で賞を受賞した。そのほか立命館大学産業社会学部客員教授、BPOにおける放送倫理検証委員会の委員なども務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

一生懸命頑張って本気で取り組んでいる人には同じ仲間が集まる、応援してくれる人が生まれる。一種の磁力が発生するのである。

上田準二の名言|一生懸命頑張ることの効用


人生の選択には絶対に「解答」はないんですよ。だから「よし、こっちだ」という自分の嗅覚や、選んだ後で正解だったと将来言える行動の方が大切。

小笹芳央の名言|選んだ後で正解だったと将来言える行動の方が大切


少しうまくいきますと、それでいいということになる。新しいことを求める熱意が欠けてくるというようなきらいが人間の一面にありますから、これは無理からんことだと思いますけども、産業とかこういう仕事に携わっておる者は、常に新しいものを呼び起こして、呼び出して、そしてそれに取り組んでいかなならんという感じがします。

松下幸之助の名言|常に新しいものを


太陽光パネル事業からは撤退しました。失敗は、イノベーションを起こすプロセスで生じる現実です。太陽光パネル事業は技術的には成功していましたが、経済的には持続性がありませんでした。

フォルクマル・デナーの名言|失敗は、イノベーションを起こすプロセスで生じる現実


こちらから選択肢を示して質問されると、人は質問に答えるという作業に集中し、他のことを考える思考力を失っていきます。買ったときのことを想像し続けるうちに、購入意欲が増幅し、買わないという選択肢を忘れてしまうのです。

吉野真由美の名言・格言|的確な質問をすることでお客様を購入に向かわせる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ