佐藤義雄の名言|自分の仕事が世の中の役に立っているという感覚の大切さ

自分の仕事が金儲けだけでなく、何らかの形で世の中の役に立っていると思えなければ、どれほどプロフェッショナルな仕事でも成り立たないのではないでしょうか。

佐藤義雄 の経歴

佐藤義雄、さとう・よしお。日本の経営者。住友生命保険社長。福岡県出身。九州大学法学部卒業後、住友生命保険に入社。茨木支社長、新宿営業本部営業副本部長兼新宿中央営業部長、新宿営業本部営業副本部長兼第1営業部長、徳島支社長、本社株式運用部長、証券投資部長、総合法人本部長、総合法人本部長、運用事業部長、常務などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

つながりを感じると、自分がなすべき事が見えてくる。そのためにも、世の中を「無知・無関心」から「関心」、そして「行動」へと変えていきたい。

単に使い勝手を考えた製品(モノ)を開発するのではありません。病院づくりに慣れていない方々が自分たちの働く環境を積極的に、かつ納得した形で意思決定していただくプロセスも併せて開発する必要があると捉えました。我々はこのことを「モノ」づくりではなく「コト」づくりと定義し、事業活動を大きく変化させていきます。

私が「見える化」を進めるのは、自分たちの税金が何に使われているのか、一人でも多くの都民の皆様に知ってもらいたいからです。民間企業では、株主総会のインターネット中継がすでに当たり前となっています。同じように都政においても、できるかぎり公開で物事を進めたいと考えています。これらは、やろうと思えば、できることなのです。

当社は全国に支社や販売代理店などのネットワークがあり、普段から地域の担当者がお客様のところに行って、直接どんなものが欲しいかヒアリングをしています。

プロ野球で強いチームをつくるには、支配下選手と呼ばれる70人のポートフォリオをいかに最適化できるかにかかっています。今のポートフォリオのどこに課題があるのかを見つけ、それを解決することからまず始めました。

営業の仕事を「売る」と定義したら苦行です。売れるのは結果です。しかし、「お客様に価値を提供する仕事」と思えれば、途端に楽しくて仕方なくなります。

数字に強くなるということは、背後で起きているメカニズムを考えられること。

ここ数年は、ともかく価格が安いこと、そして価格を上回るクオリティーを兼ね備えていることが重要でした。つまり、コストパフォーマンスの良さが重要だったわけですが、これからは、商品にどれだけの価値を盛り込めるかが重要になると思います。

インドネシアに駐在したときに実感したのは、相手の文化を尊重し、相手の視線でモノを考え、伝えることの大切さです。日本人同士なら、使い慣れた専門用語だけである程度は意思疎通できるし、「ポンチ絵」を描けば設計の意図が伝わります。しかし海外ではそうはいきません。技術や設計の本質を理解したうえで、明確で単純な言葉で表現しなくては、言いたいことが伝わらない。

ページの先頭へ