宗次徳二の名言|一店で起きた失敗は全店で起こり得る

このエントリーをはてなブックマークに追加

一人のケースはみんなのケースです。一店で起きた失敗は全店で起こり得ます。


宗次徳二 の経歴

宗次徳二、むねつぐ・とくじ。カレー専門店「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する株式会社壱番屋の創業者。生後間もなく孤児院に預けられ、3歳の時に宗次家に養子に入る。高校卒業後、八重洲開発で数年間実務を経験し、大和ハウス工業に移籍。同社に3年在籍したのち、不動産仲介会社、CoCo壱番屋の前身となる「喫茶店バッカス」を開業。その後、不動産仲介会社を閉め、カレーハウス事業に集中し同社を日本屈指のカレーチェーンに成長させた。53歳で経営の第一線から退き、NPO法人イエロー・エンジェルを創設し、経営者育成や人材育成の活動を行っている

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

失敗は価値観を多様化させる。自分の常識とは違う世界があると学べる。

早い時期に間違えるのは、失敗せずにずっといくよりむしろいいこと。

失敗経験をいかに次の糧にできるかが大切。そこで得た教訓を生かして、さらに高いパフォーマンスができるよう成長するか。

どんなに慎重になったとしても、ビジネスの世界において失敗のリスクをゼロにすることはできません。

チャレンジは10やれば9つは失敗する。肝心なのはその失敗の見極めを早くして1つの成功事例を育てていくこと。

私は社員が失敗したら「よかったね。で、何を学んだの?」と聞きます。「何か学んだのならよかったじゃない」と。失敗というのは、そこから何かを学べるはずなので、むしろ失敗したほうが意味があると思っています。

焦る必要はまったくない。一歩ずつでも、自分をいい方向に導いていけばいいんだよ。

ページの先頭へ