宗次徳二の名言|会社で会を開くことの効用

部下を持っている方はぜひ会の開催にチャレンジしてみてください。私の場合はたまたま早起きしての掃除でしたが、勉強会でも何でも構いません。最初はなかなか人が集まらないかもしれません。しかし、そこで諦めてはいけません。地道に続けていけば、少しずつ賛同者が増えてきます。そうして会が定着して振り返ったときには、自分も周りの人も成長している。そうなれば理想的です。

宗次徳二 の経歴

宗次徳二、むねつぐ・とくじ。カレー専門店「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する株式会社壱番屋の創業者。生後間もなく孤児院に預けられ、3歳の時に宗次家に養子に入る。高校卒業後、八重洲開発で数年間実務を経験し、大和ハウス工業に移籍。同社に3年在籍したのち、不動産仲介会社、CoCo壱番屋の前身となる「喫茶店バッカス」を開業。その後、不動産仲介会社を閉め、カレーハウス事業に集中し同社を日本屈指のカレーチェーンに成長させた。53歳で経営の第一線から退き、NPO法人イエロー・エンジェルを創設し、経営者育成や人材育成の活動を行っている

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大切なのは人と違う視点を持つということ。たとえば森を見た時、9割の人は森にしか見えない。しかし人によっては、それが豊富な食材の宝庫に見えることもある。

いったんモノづくりをやめると、技術伝承が途絶えてしまいます。仮に設計図面が残っていたとしても、それを製品にするための生産技術やスキルが消えてしまっていたらつくれません。サプライチェーンも数年もすると途切れてしまうので、素材や部品も手に入るかどうかわかりません。

先のことを見通すのは、いかなる経営者にとってもむずかしいことですが、経験があれば、それをベースにリーダーシップを発揮していけるのです。

ダイエットの経験から思うのは、人は変わろうとして変わるのではなく、やりたいことを面白がってやるうち、自然と変わるものだということです。だから、内側から溢れる気持ちを常識で抑えつけてはいけません。

僕はコンサルティングの業界に入ったわけですが、幸い、コンサルタントの仕事は自分にとても合っていたんですね。ただ、それがわかってからも、「自分が一番情熱を傾けられることは何か」ということは常に意識してきました。そして、少しずつ自分の本当にやりたいことの方に、近づいてきたという感じです。

こんなご時世では儲からないと考える人と、だからこそ儲かると考える人がいる。それだけで決定的な差になってしまう。

やりようはあるんですよ。こういった状況(不況)でも、いいところはいいわけですから。

ブレインストーミングで参加者にアイデア出しを迫っても、最初は批判を恐れて無難なものしか出てこない。しかし、数時間かけて粘り強くブレストすると、しだいに頭が煮詰まってきて「ダメで元々だけど、いっそのことこんな売り方をしてみればどうですか」と突拍子もないアイデアが出てくることがある。こういうアイデアが本質を突いていることが多い。

私が40歳を過ぎてようやく売れだしたころ、手塚(治虫)さんはすでに押しも押されもせぬ漫画界の重鎮で、スーパースターだった。だから、そのころの手塚さんは売りだしたばかりの中年漫画家のことなんかあまり意識していなかっただろう。だが、私は手塚さんを「ライバル」だと思ってやってきた。

イノベーションこそが資本主義の原動力である。と同時に資本主義はその成功ゆえに必ず失敗する。

ページの先頭へ