陰山英男の名言|子供の手近に本を置くことの大切さ

活字嫌いの子については、よく私も親御さんから相談されることがあります。その場合、本をそっと目のつくところに置いておき、しばらく放っておくこと。子供というのは、暇があれば手近にあるものを読むものです。それが30分とか1時間読んでみると面白さに浸れるようになるのです。このアドバイスを受け入れて実践してくださったご家庭で、数年後に、やっと読むようになりましたと報告がありました。

陰山英男 の経歴

陰山英男、かげやま ひでお。日本の教育者。兵庫県出身。岡山大学法文学部法学科卒業後、アナウンサーを目指したが入社試験に合格できず挫折し、教職を目指す。佛教大学通信教育部にて教員免許を取得し、兵庫県内の小学校で教員となる。百ます計算などをはじめとして様々な工夫を行い大きな成果をあげた。その後、尾道市立土堂小学校校長、立命館小学校副校長、立命館大学教育開発推進機構教授、教育再生会議委員、大阪府教育委員長などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は毎日が晴れのつもりで生きてきましたが、何度も会社を潰し、借金も抱えましたから客観的に見れば、どしゃぶりの雨の中にいたときもあったと思います。そう考えると「晴耕雨耕」の日々。倒産も失敗も肥やしにして、耕し続けてきました。

相手に心を開いてもらうには、まず安心感を与えなければならない。そして、途中で態度を豹変させてはいけない。この人とは相性が合う、この人の話に共感する、と思われなければ本音は出てこない。

固定費はいったん上げると後戻りが難しい。そこで、変動費を減らそうと躍起になる。もっとも槍玉にあげられやすい変動費といえば夫の小遣いだ。しかし、いくら夫の小遣いをカットしても家計への貢献度は低い。多くの世帯が小遣いや洋服代、食費といった減らしやすいところを減らして家計を維持しようとするが、固定費に手を付けない限り根本的な解決は不可能だ。

僕らは会社が小さい頃から大切にしていることがあるんです。名刺交換からビジネスを始める「会社と会社」のつき合いより、「一緒に飲んで意気投合した」という個人の相性と、それが起こす化学反応みたいなものですね。

長崎屋に来て一番びっくりしたのは、社内改革に動いたときです。何か制度を変えようとすると、経営幹部が「労働組合に聞いてみないと」「根回ししないと」と言い出す。事の是非を客観的に考える前にまず組合の鼻息をうかがうわけです。世間の常識から乖離し、内向き志向になっていました。

英国政府はもはや、みなさんの面倒を見ることができません。どうか自分の足で立ってください。

当たり前と思っていた作業の変革にチャレンジして部署の様子ががらりと変わることがあります。枠にとらわれずにいいと思ったらどんどんやろうということです。

仕事の能力ばかりが高くても、それだけで部下の心を動かせるわけではない。加えて人間的魅力こそが、チームを率いるリーダーには不可欠な要素なのである。

視野が狭くなるのが顕著なのは、怒りや悲しみなどネガティブな感情に囚われたとき。絶望して落ち込んだり、自暴自棄になりがち。浮かれた感情も危険。足をすくわれる可能性がある。感情的に昂っているときは、視野が狭まっていると、冷静になることが必要。

イノベーションに偶然はありません。セレンディピティー(偶然の発見)という議論が通用するのは超基礎的な研究組織くらいでしょう。天才がいれば話は別ですが、当社にはいても秀才程度しかいません。その秀才にセレンディピティーを認めて自由に研究させると、永遠に成果が出ない可能性がある。

ページの先頭へ