陰山英男の名言|子供の手近に本を置くことの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

活字嫌いの子については、よく私も親御さんから相談されることがあります。その場合、本をそっと目のつくところに置いておき、しばらく放っておくこと。子供というのは、暇があれば手近にあるものを読むものです。それが30分とか1時間読んでみると面白さに浸れるようになるのです。このアドバイスを受け入れて実践してくださったご家庭で、数年後に、やっと読むようになりましたと報告がありました。

陰山英男 の経歴

陰山英男、かげやま ひでお。日本の教育者。兵庫県出身。岡山大学法文学部法学科卒業後、アナウンサーを目指したが入社試験に合格できず挫折し、教職を目指す。佛教大学通信教育部にて教員免許を取得し、兵庫県内の小学校で教員となる。百ます計算などをはじめとして様々な工夫を行い大きな成果をあげた。その後、尾道市立土堂小学校校長、立命館小学校副校長、立命館大学教育開発推進機構教授、教育再生会議委員、大阪府教育委員長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ名言

ページの先頭へ