ビル・ゲイツの名言|問題は未来だ

このエントリーをはてなブックマークに追加

問題は未来だ。だから私は、過去を振り返らない。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は、まったく知らない分野やビジョンが明確に持てない分野があるのは嫌なんです。そういうスタイルだから仕方がない。どこから問われても「基本的にはこう考えます」というところまでは自分で詰めていきたいと思っている。それがまず第一です。

長い目や高い視点を持てば小さな悩みや不安は取るに足らないこととなり、いま生を受けているこの一瞬を、この一生を精一杯やろうという気持ちが自然と湧いてきます。

会議は、組織の意思決定を行う重要な場です。あらゆる場面でスピード化が求められる現在、その成否は、企業の浮沈を左右するといっても決して過言ではありません。会議や打ち合わせのやり方を再度見直して、無駄のない有意義な会議を目指しましょう。

クルマでの移動中は情報のインプットの時間に充てています。新聞やメールをチェックしたり、人の講演のCDを聞いたりしますが、余計な雑音がないので内容が効率よく頭に入るのです。

私が一番大切にしていたのは、流行を追いかけるよりも、「自分がどう感じるか」ということ。たとえば、世間で評判のお店でも、自分で足を運んでみたら、まったくフィロソフィーが伝わってこないということがよくあります。逆に小さな無名のお店でも、しっかりとしたセンスと考え方をもってやっているところもあります。

手段は完全になったというのに、肝心の目的がよくわからなくなったというのが、この時代の特徴と言えるでしょう。

現場に行かないとわからない情報がたくさんある。中東では韓国LG電子の携帯電話が売れている。メッカの方角を指し示す機能がついているのだ。LGのビジネスはグローバルだが、マーケットは現地に根差している。

部分を集めても全体にはならない。

私どもより先輩ではるかに力があった同業者は、みんな消えてなくなりました。最終的には、どんな正しい志を持つかが大事ではないかというのが私の考えです。

職業人生でより重要なのは40代前半から次の10年間でしょう。組織の中枢を担うためのマネジメント力が問われるからです。経営の真髄は人的資産をいかに運用管理するかにあります。とすれば、人間はいかなる存在か、その本質を知ることにこそマネジメントの原点はあります。それは自ら苦しい経験を重ね、そして読書などで先人たちの数多くの経験を知ることによって初めて得られます。

ページの先頭へ