ビル・ゲイツの名言|突き詰めて考えれば上手くいく

このエントリーをはてなブックマークに追加

私はものごとをとことん突き詰めるのが好きなんだ。そうすれば、たいてい良い結果が出るから。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いま、日本は不安感に包まれています。経営者は価格競争のなかで疲弊し、競争優位性を探しあぐねている。そこから脱却するには、希薄化した顧客との関係性をつくり直すしかありません。社員とお客様との濃密な人間関係。これが企業を「何ものにも代え難い存在」にするのです。

経営で意識しているのが、開発や運用フローをフレームワーク化することで、低コストで数多くのプラットフォームに対応すること。

グループの存在意義を意識し、全体の方向性を統一して、中長期のビジョンを共有することが重要。

メガバンクや地方銀行は株式会社である以上、負うことのできる公共性や社会性に限度があります。逆に僕らは非営利法人だからこそ、組合員が地域のためにいいと思うあらゆることをお手伝いできます。

僕らは会社が小さい頃から大切にしていることがあるんです。名刺交換からビジネスを始める「会社と会社」のつき合いより、「一緒に飲んで意気投合した」という個人の相性と、それが起こす化学反応みたいなものですね。

机上の空論にしないために忘れてはいけないポイントは、たどりついた問題解決策を、実行イメージ、「誰がいつまでにどうやるか」までをしっかり考えておくこと。

僕がずっと大切に考えてきたのは、人生の中に「山と谷」をつくるということです。たとえば画家のピカソも、僕が大好きなジャズのトランペット奏者のマイルス・デイヴィスもそう。彼らは年代ごとに新しいテーマを追って成功と失敗を繰り返し、それらが山と谷のようになって彼らの人生を起伏のある味わい深いものにしている。僕自身も、映画をつくるたびに新しいコンセプトの挑戦し、自分の人生の山脈を築いてきたつもりです。

ページの先頭へ