ビル・ゲイツの名言|ベストを尽くすことの重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

一心不乱に働くこと、ベストを尽くすことが嫌だというなら、ここは君のいるべき職場ではない。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

身の振る舞いも、住む家屋も、持ち具足(鎧)なども、すべて、地位や身分に従って、適当なものを選ぶべきだ。身分に過ぎたことがあれば、人から煩わせられがちで、また、それを後々まで維持し全うすることはとうていできない。

一番時間がかかるのは技術の蓄積だから、技術力のある会社を選んで買わないかんとは思っています。そのほかのところならどんな問題があっても、解決できると思って買っています。

職場の空気が変わるまでには、どうしても時間がかかります。一人でも仲間がいれば、未来を信じて頑張れる。口に出さないだけで、同じ志を持った人は必ずいるはず。そういった人たちが手を挙げやすい環境を作るためにも、自分が口火を切って行動することが大切です。

ビジネスの世界では、現実から目を背けてはいけません。厳しい状況においても、自分たちの置かれた立場や能力を正確に把握し、競合と比較しながら戦略を考え抜くことが大切です。

シニア起業家は幸せそうに仕事をしていて、ほほ笑ましい。ミドルの方は拡大志向が強く、私自身刺激を受けている。どちらにせよ、幸せな起業ライフを実現してほしい。

立ち居振る舞いはその人の品格を表し、相手への誠意を示すもの。立ち居振る舞いを見れば、その人の誠実さや、己を厳しく律して鍛錬してきた人かどうかがわかります。

私の座右の銘は「変化こそ常道」です。

自分の力を100としたら、120を目指そう。いきなり150を目指してもケガをするだけです。焦らず着実に自己を高めていく努力を続けることが大切です。

株価は時に激しく乱高下するので、売却益狙いは不確定要素が大きい。ビギナーなら、売却益は二の次で、「配当金」と「株主優待」に注視する、いわゆる「インカムゲイン」の確保を優先すべきでしょう。そのためには、株を長期間保有することが基本。

朝の重要性を痛感したのは、34歳でラインの管理職になってからでした。まだパソコンやメールのない時代でしたので、チームスタッフは夜遅くまで仕事して、報告書を書いて帰宅します。それを私が読んで指示を出すのですが、始業時間になってからでは、スタッフもなかなか動けません。そこで、スタッフに朝9時から動いてもらうためにも、早朝を活用して報告書を読み、返事を書きました。そう意識することで、仕事を滞らせず、スムーズに流すようにしたのです。

ページの先頭へ