ビル・ゲイツの名言|顧客のニーズで優先順位を決める

このエントリーをはてなブックマークに追加

マイクロソフトの行動は非常に迅速だ。我々は顧客のニーズに応じて優先順位を決めている。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私の授業でも、講義の後に質問の時間を設けます。このときに「なかなか鋭いことを聞くな」と感じる質問には、こちらも聞かれたこと以上に、答えたくなってしまうもの。このように、相手が思わず話したくなってしまう聞き方、というものがあるんです。つまり、いい答えが出るかどうかは、質問次第とも言える。

特にトライアスロンのような持久系のスポーツは、練習や試合への挑み方、セルフマネジメントが重要で、考えなければいけない要素は多い。考える力は、心の底から強くなりたいと思える人ほど鍛えられます。

戦う前に言い訳をしないで、早く転んで傷つけばいい。泣くような思いをして、自分を知るほうがいい。いつも言い訳と人の悪口ばつかり言って生きていても前に進まないでしょう。

日本の政治が抱える問題は、人材。いくら政策を語れても、組織マネジメントができない人間にリーダーは務まりません。役所の世界では「私は部下にやれと命じているのに、部下が全然やらないんだ」なんてありえないことを、外に向かって平然と言う大臣・副大臣がいました。

参考書で勉強してから過去問に挑む人が多いようですが、レバレッジをかけるには、過去問から取り組むべきです。最初に過去問をやるのは、実力を測るためでなく、結果から逆算して、今後の戦略を立てるためです。過去間を解けば、たとえ何も答えられなくても、どのようなレベルまで勉強すればいいのかがみえてきます。過去問は正確に時間を測り、本番さながらでやることが大切。時間配分がわかって、試験当日もあがらなくなります。

値引きを考えるより、付加価値を上げることを考えるべき。例えば、その商品を使えば悩みごとが解決できるターゲットを考えてアピールするなどです。

「お金儲けが目的で何が悪いのか」と言う経営者もいましたが、彼らはすぐに消えていきました。社会の公器である松下に勤務している我々は、社会の公器の一員としての行動を心がけなければいけません。

ページの先頭へ