ビル・ゲイツの名言|ビジネスは面白いゲーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスは面白いゲームだ。最小限のルールで激しい競争がある。点数は稼いだ額で決まる。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

上司が偉そうでも、部下が生意気でも、大した問題ではありません。そんなことよりも、仕事がきちんと進むことのほうが大事だと思っていたら、ラクになりますよ。

長期の目標は「会社の経営を司る人間になりたい」「ゆくゆくは起業したい」といった多少漠然としていても構いません。何年も先のことをいま具体的に決めるのは無理がありますし、外部環境が変わる可能性も大きいからです。短期目標は「なにを」「いつ」「どこで」「どのようにして」を意識して具体的な内容にすることが大切です。「経営知識を身につけるために今年1年で会計を勉強する」「海外でビジネスを行うために英語を勉強し直す」などのアクションプランの形にするとよいでしょう。このような具体的な短期目標をこなしながら、長期目標を目指せば、目標の達成率は格段に上がるはずです。

経営が上手くいくかどうかということは、いろいろな事情があるにしても、結局は最高責任者である社長一人の責任。

M&Aは時に「成長までの時間を買う」と形容される。そのとおりで、当社の海外事業はこれまで残念ながら弱体だった。そのまま単独で海外進出し、現地の一流ブランドなみの認知を得ようとしたらどうなるか。相当な年月がかかるうえ、実現できるかもおぼつかない。だから私たちは今回、米国最大の衛生陶器メーカー「アメリカンスタンダードブランズ」、欧州水栓金具メーカー最大手「グローエ」を傘下に収めることで、そのスピードと確実性を「買った」のだ。

社員を雇用しながら利益を出している良い状態は、言ってみれば空中に浮かんでいるようなものです。努力を怠ればあっという間に地に落ちてしまいます。当たり前のことです。

自分が始めた副業だからと、全部一人で抱え込む人がいますが、そんな必要はないんです。例えば、インターネットショッピングの発送作業など、誰にでもできることは、まず人任せにしてみる。さらに、自分が不得意な分野も人にやってもらいましょう。苦手を克服するために時間や労力を費やすより、得意な人に任せて、その分もっと顧客を増やす作業などに注力したほうが効率的。売上げアップにもつながりやすいのです。

我々とは違う文化の中で食を売ろうとするなら、現地に溶け込んで、自ら現地の文化を経験しなければなりません。そうすれば現地の人々のことがわかってきます。現地人より現地人らしくなる社員もいます。そういう経験、知識から生まれた強い確信があれば、会社で反対意見が多くても、確実に説得し、自らの信念を貫くことができます。

創業時から「食の戦前回帰」を企業理念としてきました。その基本は「安全・美味しい・安い」です。全食材に化学調味料などを使わない、いわゆる「無添」に取り組んでいます。

最近はクイズ番組も多くて。その夜は寝られません。悔しがりなもんだから、できなかった問題を家で全部やり直すんです。

みなさんに知っていただきたいのが、経営学にあるトランザクテイブ・メモリーという概念です。これは、組織にとって重要なことは、「組織全体が何を知っているか」ではなく、組織の各メンバーが「組織内の誰が何を知っているか」を把握しておくことである、というもの。Whatではなく、Who Knows whatが重要、ということです。これを個人に当てはめると、まさに「誰が何を知っているかを把握し、その知をうまく借りられる力」となります。

ページの先頭へ