ビル・ゲイツの名言|学びたいことはゴミ箱を漁ってでもやる

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポールが私をゴミ箱の上に持ち上げて、私がコーヒーかすで汚れたプログラマーたちのメモを拾ってくる。それを見てシステムを勉強したものだ。
【覚書き|ハイスクール時代、DEC(ディジタル・イクイップメント・コーポレーション)でデバッグ(プログラムのバグ取り)のアルバイトをしたときを振り返っての発言。ポールとはマイクロソフト共同創業者のポール・アレン】


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大事なのは選手たちの成長に遅れることなく、指導者も成長すること。決して今の指導力に満足せず、他のコーチから吸収して学ぼうとする姿勢が重要。

返信を待っているのにこないと、これほどヤキモキすることはありませんよね。相手はちゃんと読んでいるのか。わざと送ってこないのか。催促していいのか。送ったら嫌みにならないかなど、気になってしかたない。私の場合は、メールはその日中か午後にもらったものに関しては翌日の午前中までに返信する習慣を身につけています。せめて自分は相手をイラつかせない。そんな配慮もビジネスの世界では必要です。

企画を通したいなら、とにかくファクトを全部集めて、事実ベースで主張することです。「Aのほうがいいんじゃないの?」と言われたら「いやBにすべきです」と根拠をあげられるように準備しておく。議論では機転を利かせることはもちろん大事ですが、一番重要なのはファクトです。自分が扱う商品について勉強したり、競合を分析したりという程度のこともしないまま、戦って負ける人が多い気がします。

人生で起こる問題を解決するのは、ノウハウではない。自分が人生で身につけてきた知恵、考え方、勇気、美学、情熱といった人間としての総合力が解決する。

私はものごとをシンプルに考えます。企業も明確な方針の下、シンプルな仕組みであることが大事です。

目標は「お金の面でも継続できる」ということも重要です。たとえば、いくら情熱をもって集中して努力するといっても、会社員が会社の仕事を捨てたら、クビになってしまいます。ですから、金銭的な安定を確保するためにも必要なことは、70点程度は努力するという戦略も必要でしょう。

景気より天気、天気より元気、元気より人気。

顧客への提案が通らない、訪問が売上につながらない、といった悩みがあるなら、その原因を一度きちんと解明してみることをお勧めします。多くの営業マンに共通してみられる敗因には、(1)顧客への理解が浅い(2)ヒアリングの内容が浅い(3)提案書の品質が低いという3つがあげられます。

ダーツライブは「遊び」から生まれた会社であり、今後も「遊び」以外の事業をするつもりはありません。「遊び」と呼ばれる商品・サービスを自分達で生み出し、世に出していきたいと考えています。

会社で安定した地位に留まるべきか、あるいはリスクもあるが将来性もあるベンチャー企業に転職して自分の可能性にかけてみるか、といった判断を迫られることもあるかもしれません。その時、「お金のことが心配だから転職はやめておこう」と考えるのか、「お金のことは自分で何とでもできるから、思い切って挑戦してみよう」と考えるのか。いずれの決断を下すにしても、お金の問題を常日頃から見定めていなければ、納得のいく選択は難しくなるでしょう。

ページの先頭へ