ビル・ゲイツの名言|「考える週」を設けることの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は年に数回、「Think Week(考える週)」を設けている。その間は本を読んだり、同僚が時代に取り残されないようにと選んでくれた資料に目を通したりして過ごす。資料はコンピュータ科学の最前線の話題を扱った博士論文が多い。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕は「CET」を20~30年のスパンで考えるべきプロジェクトだと考えています。隙間を丁寧に埋めていくような仕事ですが、それを続けていくことで、積み重なっていって底上げがなされていきます。
【覚書き|CET(セントラル・イースト・東京)=かつて東京の中心であった東側の古い街々をデザイン、アート、建築の視点から再生するプロジェクト】

「値段を下げてくれ」「これ以上は無理です」という堂々巡りのキャッチボールになっては意味がありません。そこで、支払時期の変更や商談の内容の変更など価格以外の項目で交渉の余地を探っていきます。その項目のことをコンサルティングの業界では「レバー」と呼んでいます。複数のレバーを動かしながらロボットを操縦するように、事前に交渉のためのレバーをいくつか用意して、話を進められるようにするわけです。

私が日々、売上げデータなどをこまめにチェックするのは、数字の向こうに顧客の心理を読む目的もあります。

安定した財源は、映画以外のものに求めていかなければいけないと考えています。映画はどうしても一発勝負になりますから、好不調に左右されない体質にしていく考えです。

情報セキュリティ業界では現在、人材が競争優位性の源泉となってきているといっても過言ではありません。

当社では、コンセントの差込口やスイッチボックス、電線を通すパイプなど、電気設備に関するさまざまな部品・器具を製造している。大部分の製品は法律で規格が定められているため、寸法や材質はどの会社がつくっても同じ。要するに、なかなか差別化しにくいものを扱っているといえるだろう。しかし私どもは、商品を開発する際、他社がまだやっておらず、他社の特許も侵害しない工夫を必ず込めるようにしている。当然、新しい工夫を思いつかなかったら、商品として発売することはない。つまり、差別化しにくい分野でありながら、何らかの差別化が実現できた新製品だけを世に送り出しているのである。

数多くの富裕層と公私ともに深く付き合ううちに、私は彼らに共通する点を見出した。それは「投資」という視点で、人生哲学から日々の暮らしまで、すべての物事を判断しているということだ。彼らは「洋服や靴を買う」「外食や旅行に行く」といった、あらゆる消費行動も投資と捉え、対価に見合う、もしくはそれを上回るリターンが得られるかどうかで判断する。億単位の商品でも価値を認めたら即決で買うが、逆に100円の商品でもムダと考えたら、びた一文出さない。

現場に「素の自分」を持ち込まず、その都度要求される役を演じ続けていくことで、職業人としての自分を形作っていく。それが、ビジネスパーソンには必要なのです。

若いビジネスパーソンは相反するものが同時に存在することを嫌がるが、世の中は矛盾だらけ。この矛盾を融合させることが重要になる。

「あきらめる」とか「あきらめない」とか、そんな次元のマインドではないんです。僕にとって「あきらめないのは当たり前」で、それよりも、「何が何でも結果を出す」という向上心の方が勝っている。「あきらめない」という言葉は、崖っぷちに立った時に使うような「余裕のなさ」を感じます。

ページの先頭へ