ビル・ゲイツの名言|会社がつぶれる可能性を常に念頭に

このエントリーをはてなブックマークに追加

我々次第で会社がつぶれる可能性さえあるということを、常に念頭に置きながら毎日会社に来ている。常に気を引き締めて、重要な変化をもたらす革新的な研究に長期的な投資をしなければならないと考えている。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

既存の銀行とは違う我々とはいったい何者なのか、僕はそれをしょっちゅう考えています。環境認識をした上で、「じゃあ、その中で我々は何をすべきなのか」「どういう存在であるべきなのか」と常に自問自答しています。

私は「ダントツナンバーワン」にこだわります。ダントツでなければ、人は社名を覚えてくれない。「部屋を探すなら山晃住宅」と思っていただくには、地域でダントツの評判を立てる必要があります。

過去の成功はあくまでも過去のもので、現在や将来にはもう通用しない。だから後を継ぐ社長には、5~10年ごとに革命的なことを打ち出してほしい。

28歳の時、米国のオレゴンでジョギングをしていたら、巨大なシカに襲われかけました。殺されて誰にも見つからなかったら、僕の人生は終わりだったと思うと、何て自分は無力だと思ったんです。襲われない存在になるために、動物図鑑を買って倒し方を研究し始めました。バカだと言う人もいたけど、自分を貫くと、「百獣の王を目指す武井壮」に面白みを感じた人がチャンスをくれて、喉から手が出るほど欲しかった自分の価値や肩書につながり、自分だけの仕事を作り出せました。

長時間労働によって睡眠が不足すると、生体的に深刻なダメージを与え、これがメンタル不調を引き起こす。日中は、交感神経が高まっています。一方で寝ている間は副交感神経が高まるので、バランスが取れます。しかし、十分な睡眠が取れず、交感神経が高まったままだと、自律神経のバランスが崩れ、免疫力も下がり、生命の維持機能が保てなくなります。心身ともにダメージを受けることになるのです。

人は本能として批判的な言葉ばかり目につくのかもしれません。しかし、それを口に出してしまったら、コミュニケーションが始まらない。

何事も急激に変わろうとすると失敗する。失敗すると自責の念に駆られ、かえって逆効果を生むこともある。臨床の現場でも「スモールステップの原則」という言葉があり、小さく具体的な行動を実践することが鉄則とされている。

ページの先頭へ