ビル・ゲイツの名言|ビジネスの学位は必ずしも必要ではない

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスの学位は必ずしも必要ではない。私が大学でビジネスを勉強する時間を2年間与えられたとしよう。しかしその2年間で、マイクロソフトで学んだ以上のものを学べるとは思えない。私の本棚に、ビジネス書なんてあったかな。おやおや、ないじゃないか。いままで必要なかったってことだよ。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

中身はいいのにこの書き方じゃ通らない、そもそも最後まで読んですらもらえない。そう感じる文章や企画をこれまでたくさん目にしてきました。一番よく見るのが、「説得したい」という思いが強すぎるあまり、全体像が見えなくなっているパターンです。これは中身に自信がある人ほど陥りやすい罠です。

人前でスピーチをする時は、話すスピードや声の大きさなど、普段とは全く違った話し方が求められます。一度やってみるとよく分かりますが、原稿の内容を頭に叩き込み、スピードやボリュームをコントロールしながら話すだけでも、かなり苦労するはずです。効果的なボディーランゲージも加えていかねばなりません。ひたすら「練習あるのみ」です。

「人間は感情の動物」であり、仮に相手の言っていることが正しくても、気に食わない人や気に食わ強い言い方だと、聞きたくないという気持ちになる。これは人間の持っている防衛本能でもあり、まず相手を好き嫌いで判断する。そして、「この人は信用できるな」と思った後に、初めて話を聞こうという気になるのだ。

組織の大小にかかわらず、リーダーが発する言葉はスタッフに大きな影響を与えます。部下や後輩がいる立場の人は、自分のひと言の重みをかみしめてください。

好機が到来した時のためにもマネジメントという手法を身につけておくことはマイナスにはならないはず。

創業者というのは特殊能力だと思います。社長になれる人はたくさんいても、起業家、創業者になれる人は稀です。だから、たまたま次の社長になった人が創業者を越えようと考えること自体がおこがましい。自分自身は特殊能力があるとは思っていません。

フリーのまわりにはいくらでもお金を稼ぐ方法がある。フリーは新しい顧客を獲得するドアを開けてくれる。無料だからと言って誰からもお金を取れないわけではないのだ。

ページの先頭へ