ビル・ゲイツの名言|志をもって起業することの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

最初から、我々の目標は「すべての机と、すべての家庭にコンピュータを」だった。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

上司のパワハラに遭遇したとき、怒鳴られるたびにまともに受け取ってはいけません。心に負荷がかかりすぎて、うつの危険も出てきます。

オンリーワンであるべく、オンリーワンになるべく、日々挑戦を続けています。

多くの真面目なビジネスマンたちにとって、自分を責めることや落ち込むことほど能力を低下させるものはありません。「また失敗してしまった」と落ち込むことで萎縮してしまい、心と体がこわばって、結局また失敗してしまう。こういう失敗・頓挫のスパイラルにはまってしまうことだけは、なんとしても避けたいところです。

りそなでは「顧客を待たせない、伝票に書かせない、ハンコを押させない」という「3ない運動」を開始した結果、銀行で取り扱う伝票枚数は店舗改革を開始した6年前より8割近くも削減できました。伝票処理が電子化できるようになり、営業時間の延長を支えています。ほかの銀行が店舗を早く閉めるのは、顧客に書いてもらった伝票と預かったお金を突き合わせる膨大な事務作業を、午後3時から進めることが常態化して見直す風土がないからでしょう。りそなでは伝票とお金の管理を徹底的に効率化したため、社員の事務作業を大幅に削減することができました。この結果、店舗を午後5時まで開けられています。

社内のプレゼンでも、数字だけを並べて何が言いたいのかわからない提案が少なくありませんが、それはお客様にどう感じてもらいたいのかという目的を忘れているからです。目的が明確なら、やるべきことも自ずと決まるはずです。

21世紀を勝ち抜くのに重要だと私が考えるのは創造的破壊です。誰かのイミテーション(模倣)ではなく、マーケティングを超えてまったく新しいイノベーションを起こすことです。そのためには社員が強くなければなりません。

長年、コンビニを経営してきて分かったのが、市場環境に大きな影響を受ける事業だということです。これは小売業全般でも言えるでしょう。一方、メーカーは自分の工夫でいくらでも利益を出すことができます。そのため、メーカーに移行することを以前から考えていました。

ページの先頭へ