ビル・ゲイツの名言|若い人の方が向上心があるし、新しいアイデアがある

このエントリーをはてなブックマークに追加

若い人を優先的に雇っている理由は、若い人の方が向上心があるし、新しいアイデアがどんどん出てくるからだ。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

目的には、理想が伴わねばならない。その理想を実現するのが、人の務めである。

トップライン(売上高)を伸ばすことだけが経営戦略ではありません。攻めることばかりに注力すれば、足元が揺らぐ危険性もあります。そこで私は、事業構造の改革と並行し、業務基盤の改革と意識改革を進めました。これらは、組織づくり、人づくりの改革で、事業構造を大きく変えるには不可欠と考えました。

トークの秘訣? 講演でも何でも、友達に話すように本音でしゃべることやね。

雑談の上手い人は、相手が男性で50代なら野球、30代の主婦なら子育てというように、相手の文脈を読んで、打ち返しやすいところに巧みにボールを投げます。

過去に失敗経験を積んだ企業、それも大きな失敗を経験したところほど、ほかの企業の失敗からよく学べる一方で、逆に失敗経験の少ない組織ほど、ほかの組織の成功や失敗から効果的に学習できない。

わが亡き父の入道早雲(北条早雲)殿は、身分の低かったころから天性の福人であると世間が評した。それでこそ神仏の加護を受け給うたのであるが、第一には、倹約を守り贅沢を好まれないからである。すべて、侍は古風なのがよい。当世風を好むのはたいてい軽薄者である、と常々諭しておられた。

経営者がどんなに高邁な思想を持っていても、事業から利益を得られなければ無意味です。ときには人員を削減しなければならず、そのときは身を削られるような思いにさいなまれ、自分の気持ちに反して非常にもならざるを得ません。

ページの先頭へ