ビル・ゲイツの名言|人生を楽しくするには

このエントリーをはてなブックマークに追加

いまは楽しいから仕事をしている。そういう意味では、私のビジネスのやり方は、クイズに挑戦するのとあまり変わらないかもしれない。だからといって、遊び半分のいい加減な気持ちでビジネスをやっているわけじゃない。でも、創造的なやり方で立ち向かえば、人生はずっと楽しくなる。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

海外には現在、200以上の店舗があります。理念やポリシーについては、現地の言葉に翻訳して伝えていますが、唱和するという点は日本と変わりません。考え方の基本、つまり理念の重要性は全世界どこでも同じ。

高齢者に「在職中にやっておけばよかったこと」を聞いたところ、最も多い回答が「資格や専門技術の取得」でした。専門学校での訓練が必要なものもありますが、今のうちに準備しておけば定年を迎える頃には大きなアドバンテージとなっているはず。

いくらよい薬を用い、栄養を豊富に摂取し、その他の肉体的の方法を実行しても、心が消極的である限りは、健康ひとつでさえ思うように建設できず、ましてや運命開拓の力などは思いもよらないが、これに反して心がその病に負けず、また運命に脅かされないという積極的態度を堅持できれば、あえて薬やその他の肉体的手段や方法を特に採用しなくても、十分に健康や運命を確保し得ることで明瞭に証明される。

やることがあまりに多すぎるとそれに取り組むエネルギーが分散してしまうので。やるべきことが、10~20件あった場合、まずは2~3件に絞って集中して取り組むと、効果が出る場合が多い。

あなたが格闘している相手は常にあなたの勇気を奮い立たせ、あなたの技量に磨きをかけることを知りなさい。あなたに敵対する者は結果的にはあなたの最良の助け手となるのだ。逆境はあなたの人生における雨のようなものである。冷たく、侘しく、薄情だ。だが、その雨の季節から、ユリやバラやナツメヤシやザクロが生まれる。灼熱の苦難に渇き、苦難の雨に浸された後、あなたがどんな偉大なものを生み出すか、それは誰にも予測できない。砂漠でさえ、嵐の後には花を咲かせるのだ。

ひらめきの多くは、思いついた後で「なるほど」「そうだったのか」と手を打ちたくなるような発想だ。そのような反応をするとき、頭の中には事前にだいたいの「見込み」「知っている感じ」が存在している。しかし見込みの段階で思いつかずに悩んでいたときと、ひらめいたあとでは、着眼点が変わってしまっている。

10年ほど前、物流部門のトラックにGPS車両動態管理システムを導入しました。ドライバーの仕事ぶりはオフィスにいては見えませんから、システムを通じて客観的に評価したいと思ったんです。自己アピールの上手な者だけが、上手いこと生きていけるような会社にはしません。それに人間なら、「ついアイドリングを止めなかった」「効率の悪い運転をしてしまった」ということがあるでしょう。システムを使えばドライバーを人間の弱さや間違いから守ってやれるんです。

ページの先頭へ