ビル・ゲイツの名言|単純さの重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日求められているのは単純さだ。これが実現すれば、情報テクノロジーを所有し、活用するのにかかる総コストは劇的に下がる。問題は、どの単純化戦略がベストかということだ。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕が多くの方に知っていただくきっかけとなったのは、メディアで「独創的で素敵な料理を作る、代官山のさわやかな若手シェフ」といった取り上げ方をしていただいたのがきっかけです。実はこの「川越達也」像も、僕が早い段階でイメージして、何年も前からそういう取り上げ方をしてもらえるように準備を重ねてきたものです。つまり、今は自分で準備してきた「川越達也」のスーツを着ているという意識です。もちろん、自分の身体に合わないスーツは着られません。自分のオプションを大切に伸ばしていって、「川越達也」という僕の体型にあったスーツを作ることができたのです。

たとえば上司に理不尽に怒られてイライラしたときに、「この上司は、口ではもっともらしいことを言っているけれども、支配欲が満たされず不安だから怒っているのだな」と分析できれば、もう相手と同じ土俵にはいません。すっきりした気持ちになれるでしょう。

兄貴(義兄の松下幸之助)は尋常小学校、俺は高等小学校(現在の中学1から2年相当)。兄貴の方が3年早く社会に出ている。この差は一生かかっても追いつけないかもしれないな。

愛知の強みとして、港湾、道路、国際空港が有機的につながっている。その結果、付加価値の高い企業群が集まってくる。そして集積は集積を呼びます。今でも自動車産業の集積は世界一だと思っています。航空・宇宙産業の集積度はアジア一です。これをさらに進めていく。

組織とケンカをしてもまず勝ち目はない。ただし、勝てないまでも引き分けに持ち込むことは可能です。それは「局地戦」に持ち込むこと。

1万人も社員がいる大きな組合が、わずか1年という短期間で、これだけの大きな変革によく合意しましたね、というのが大株主の方々の反応です。私が想像するに、社員の閉塞感だと思います。恵まれた先輩方は、仕事を通じてどんどん成長してお客さまからも尊敬されて、楽しかったようです。でも、今の若い方は違う時代にぶつかってしまったので、閉塞感がある。やはり、なにか変えなきゃいけないと、みんな本当に思っていました。今ちょうど曲がり角ですね。あと2年くらい経ったら全部終わって、きれいに曲がれると思いますから、そこから先は、JTBは今とはまったく違う規模とスピードで発展し始めると思います。

経営判断は瞬時にしなくては現場が迷う。

ページの先頭へ