ビル・ゲイツの名言|生まれ変わることを会社の目的にする

このエントリーをはてなブックマークに追加

マイクロソフトでは起業家的な発想が今後もずっと大事にされるだろう。なぜなら、我々の大きな目標は「生まれ変わること」だからだ。我々の製品に取って代わる製品を生み出すのは、他社ではなく我々自身でなければならない。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

お客様の要望を何でもかんでも取り入れていくと、軸がブレて次第に店の個性も失われてしまい、結局はお客様のためにならなくなってしまいます。「烏貴族の売り物はこれだ」とコンセプトを明確にしておくことが大事。

手段と目的を間違えないことが大切。手段だけはいっぱいあるけれど、結局、業績が上がらないのでは何の意味もありません。

我々がパソコンで成功できたのは、パソコンが世界的に普及するトレンドが来たことを見極め、その波にうまく乗ることができたからです。参入が遅いか早いか、競合が多いか少ないかではなく、その波は正しいか正しくないかが参入するか否かの基準。

自分が起業しているなんて今でも信じられません。その時々に一番大切だと思えることをやっていたら、気が付いたら起業していたというのが真相。

大きな組織の中では、仕事と家庭の両立が難しくなり、もっと自分らしい仕事をしたいと、いつしか考えていました。また、妊娠・出産を経て、自分が食べたり飲んだりしたものが、すべて子供に影響することを実感したため、自分が心から納得した商品を消費者に提供していきたいと思うようになりました。

世の中はどんどん変わっていくのだから、変化に対して企業はきちんと対応していくことが重要。

考えるときは、頭だけで考えないで、心を伴って考えなさい。働くときは、ただ手足を動かしているだけでは単なる作業にすぎないので、そうしたときには頭を使って、考えながら行うこと、そうすれば仕事となる。

ヤーノシュ・シュタルケル先生は「educate」よりも「help」という単語を好んで使われましたが、優れた指導者とは、生徒の才能や長所をいち早く見いだし、それを伸ばして、彼らが自身最高のパフォーマンスを出せるように導ける人ではないでしょうか。しかし、そのためには教える側にしっかりとした指導プランがなければなりません。

商売をやっている家庭で生まれたせいか、自分がお金に困るという想像をしたことがありませんでした。ただ、それは実家に資産があるからではありません。自営業は毎月のお給料が決まっている会社員と違って、働けば働くほど収入が増えます。そのような環境で育ったので、「自分が努力すれば、いつでもお金はついてくる」という意識が自然と身についたのです。

俺はいつもどんな大きなプレゼンテーションでも、誰に話をしにいくのでも、原稿ってのは用意しない。そんなのなくたって、そのクルマについて一番知っているのは俺なんだ。言動が誤解されても、そのときの俺の話がまずかったんだと思うだけで、ウソはついていないし、どう受け取られるのかについては相手の自由なんだからそれでいい。生のまま、身を絞り出すようにして、そのときに一番強く思っていることをぶつけるだけ。

ページの先頭へ