ビル・ゲイツの名言|製品に必要な機能は顧客が決める

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィンドウズにどんな機能がついているべきかを決めるのは誰なのか。それは、ウィンドウズを買ってくれる消費者だ。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

企業は掛け声だけでは変わらない。だから具体的に次世代の仕組みを入れ、全てを変えようとしている。

硬い心より強いのは柔らかな心。その先にある、壊れるべき心がない「無我」の境地は、マインドフルネスの行きつく先。好きな仕事をしていて気がつくと何時間も経っているときがあるでしょう。それが、最も生産性の高い「無我」の状態です。

「いつまでに何をする」という期限付きの目標を立て、こなしていく癖がつけば、仕事にムダは生じにくい。必要なのは、まずは1日の計画を立てること。

英語の文章を読む時、1文中の単語を30%しか知らなければ、文章の意味がほとんど分かりません。60%でも厳しい。しかし、90%近くになると文章の意味がつかめる。語彙の量がこの90%のところに到達するまでは「英語力がなかなか伸びない」と感じてしまう。これが、横ばいの状態です。しかし、この時でも、着実に力は蓄えられているのです。

ITによって人と人とがストレートに、ダイレクトにつながるので、世の中はどんどんシンプルになっていく。

部下が報連相したがらないのは、上司が報連相の双方向性を無視しているからです。

私は社員に相手の立場で発想するように説いている。具体的には「どうしたら顧客に喜んでもらえるか?」「滞在時間を長くしてもらえるか?」「来店頻度を増やしてもらえるか?」「買い得だと思ってもらえるか?」を徹底して考えていくのである。

「この提案が通らないのは上司のせいだ」と、あなたが思っているうちは、自分の意見を通すことはできません。まずは提案書に問題がないか考えてみるといいでしょう。なぜ上司は、この企画にゴーサインを出さないのか、その理由を考えるようにします。たとえば、営業利益を上げることが頭の8割を占めている上司に対し、それ以外の仕事を提案しても聞く耳を持つわけがありません。

重心を低くキープできるようになったというか、打たれ強くなりました。怖いものがなくなりましたね。40くらいで人生折り返し、なんてよく言うけど、スゴロクじゃあるまいし、折り返してどうするんだよって思うんですよ。
【覚書き|40代になった感想を聞かれての発言】

つつましくまちのパン屋を経営するのであれば私と家内の二人でできるけれど、事業拡大のためには社員の力が必要不可欠です。

ページの先頭へ