ビル・ゲイツの名言|リスクを引き受ける勇気の大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

リスクを引き受ける気があるなら、悪いニュースに多少目をつぶることは必要だ。不安はあっても、「上手くいく保証はないが、ベストを尽くしてみようじゃないか」というぐらいの勇気はなくてはならない。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

1年の最終週のページには、12月30日の「大納会」における日経平均株価と良品計画の株価を必ず毎年記入していました。ここには、前年と今年のものを両方書くようにしています。1年間の総括として、日経平均のパフォーマンスより良品計画のパフォーマンスが良かったかどうかを確認するためです。

日ごろの周囲と交わす会話も、プレゼンのいいトレーニングの機会です。コミュニケーション力が上がれば、プレゼン力もアップするからです。

人間は必ず旅立ちます。それは間違いありません。そのとき、「この世に生まれてよかった」と思い、手を合わせて「ありがとうございました」と言って、あの世へ行きたいものです。

短期的な利益を得たいなら、競争を煽るほうが簡単です。でも、それでは会社の雰囲気が殺伐としてくるのが目に見えています。僕はそんな会社をつくりたくて創業したわけではありません。

家族が与えてくれた影響はとても大きなものでした。なにより、心に余裕を持てるようになりました。これはとても大きなことです。自分目身が成長するためには、常にスポンジが水を吸い込める状態にしておかなければいけない。

自分の視点を変えるテクニックを身につけておくと、様々な価値観に気付くことができる。

経営のさらなる効率化に取り組む。売上高に対するSG&A(販売管理費)や、研究費の比率はまだ下げることができる。ただ闇雲に減らすのではなく、投資対効果を見ながら、研究テーマも見直したい。

ページの先頭へ