ビル・ゲイツの名言|過去を後悔するのは無駄

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は過去を後悔するような無駄なことはしない。私は決断をした。そして、その決断を全うする最善の方法は、ひとたび決断したら決してぐらつかないことだ。もしかしたら偉い医者になっていたかもしれないのにとか、すごいテニスプレーヤーになれたかもとか、あるいはプレイボーイ、あるいはポーカーの名手になれたかも、などと考えてはならない。自分が決めたことを上手くやり遂げるには、覚悟を決めて、自分の仕事に前向きにならなければならない。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

(ロンドンのホテルに窓拭き係として雇われたとき)このホテルにはもう一人窓ガラス拭きがいた。すでに初老を過ぎた男で黙々として毎日仕事に精神を注ぎ込んでいるかに見えた。窓ガラス拭きは汚い仕事であり、しかも危険が伴う。私は心中ひそかに彼を軽蔑した。ある日、なかば揶揄の気持ちを込めて質問してみた。「君は毎日このような仕事を続け、それをもって満足しているのか」彼は窓を指して静かに言った。「イヌマル、(拭った窓、拭っていない窓)双方を見比べてみろ。拭えば綺麗になり、綺麗になれば、その一事をもって私は限りなき満足を覚える。自分はこの仕事を生涯の仕事として選んだことを後悔していない」私はこの言葉を聞くに及んで、一瞬何かに深く打ちのめされたごとく感じた。

とにかくやってみてください。リスクをとって失敗に終わったことを年老いてから悔やむ人は滅多にいません。後悔するのはリスクを恐れて挑戦しなかったことです。リスクをとり、いましたいと思うことをすべきです。人生は短いのだから。

研究開発理念8カ条

  1. 思いこみは捨てよ。
  2. 思いつき(ひらめき)を拾え。
  3. やらぬ後悔よりやった後悔が良い。
  4. 発明や開発は常識の裏にある。
  5. 不良の山に宝ある。
  6. 研究開発はエンドレス、常にその時がスタートである。
  7. 満足したときにその技術はストップする。
  8. 過去の栄光はその瞬間で終わっている。

物語を書くことは、星空の星を結んでいくようなものだと思うんです。昔の人は空を見上げて、ああも結べる、こうも結べるという中で星座をつくってきたわけです。当然、結ばなかった星も無数にある。ひとつの物語を書くというのもそれと同じように、いつも無数の結び方の可能性の中から選んで星座をつくっているわけです。そこには「語られなかった物語」が必ず残ってしまう。ときどき、過去に書いた自分の小説に対して、ああではない書き方をしたらどうなっていただろうと思うこともあります。反省とか後悔とかではなくて、結ばなかった星のことを想像することで、作者としての傲慢さが減るんじゃないか、と。

間違いを改めるとき、自ら間違っていたと気付けばそれでいい。そのことを捨てて、ただちに一歩を踏み出すべし。間違いを悔しく思い、取り繕うと心配することは、たとえば茶碗を割り、その欠けたものを合わせてみるようなもので、意味がないことである。

一般的には受験でも就職でも、良い条件の学校や会社を選ぶことに越したことはないでしょう。けれど、「自分は何をしたいのか。そのために必要な環境は何か」を考えず、「有名校だから」「大企業だから」と、聞こえのいい条件だけで選んでしまうと、後悔してしまうこともあります。

小さいことはどうでもいいんです。大きいことを決めなければいけないときに人の言うことに従って、あとで後悔して、その人の責任にしてしまうのが嫌なんです。

第一歩を踏み出す勇気が大切。私の場合、起業で成功するかどうかわからなくても人生で後悔したくないという想いで一歩を踏み出し、起業しました。

売り言葉に買い言葉で、勢いで相手にひどいことを言いそうになることもあるでしょう。私も妻から「あなたは、いつも服を脱いだら脱ぎっぱなし」と小言を言われると、「いつもじゃないだろう!」と怒鳴り返したい気持ちになります。でも、そこはぐっとこらえて、笑顔で対応するようにしています。感情に任せて言い返せば、自分としてはスッキリするかもしれませんが、二人の関係は険悪になります。後になって「あんなこと言わなきゃよかった」と後悔するに違いありません。これからも続く二人の関係を考えれば、ここはこらえて、楽しい気分で過ごしたほうが幸せです。

自分を「弱い」などと、思わないことです。弱さは、強さに変えられます。エネルギーを何に向けるかで、それはパワーに変わります。思考の流れを、自分を高める方向へ切り替えましょう。虚しい願望や、前に進まない後悔は、捨て去ることです。不平や不満、自分への慰めは終わりにしましょう。

ページの先頭へ