ビル・ゲイツの名言|お金より仕事の方が面白い

このエントリーをはてなブックマークに追加

いまでもお金そのものには興味がない。仕事と莫大な富と、どちらを選ぶと聞かれたら、仕事を選ぶ。銀行の口座にある巨万の富よりも、何千人という才能あるチームを率いるスリルの方が断然面白いからね。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は人のDNAにほとんど違いはないと考えています。一流と二流を分けるものは、継続した努力以外にはありません。

自分にとって「評価されている」とは具体的にどういうことなのか。上司に褒められたいのか。部署で注目を集めたいのか。どこをどんなふうに評価されたいのか。一度、書き出してみましょう。すると、意外と自分が評価に値する成果を出せていないことに気がつくかもしれません。

オフの間までストイックにやるのはダメ。

会社では、できる人に仕事が集まりがちです。全部引き受けていては大変なことになるのですが、忙しい忙しいといいながら意外にそれを楽しんでいる人がいるのも事実です。俺しかできないと言いながら抱え込んでしまうのです。こういうタイプは、仕事を他人に任せることが怖いのです。ひとつでも仕事を誰かに渡してしまうと自分のポジションを取られてしまうのではないかという強迫観念から、なかなか手放せません。

よく「ものづくり・人づくり」と並べられますが、そのどちらもなくては経営は成り立たない。

人間は相手から尊重され、尊敬され、信頼されたときに最もモチベーションが高まります。

デジタル、ITのビジネスで勝つには、不連続なイノベーションを起こす力が必要だ。しかし、終身雇用と年功制で30年以上の歴史を持つ日本企業には難しい。米国でも同じことで、ゼロックスは要素技術を持っていたが、イノベーションを起こしたのはアップルだった。GEはウェルチの時代にイノベーションをあきらめた。コンピュータや半遺体をやめて、残したのは白モノと重電だった。

どんな世界でも天才は一握り。僕は持ち前のセンスに胡座をかいて天狗になり、消えていった選手を何人も見てきました。

自社で土地や建物を所有すると、いざという時に簡単に撤退することができない。近隣に競合店ができたり、顧客ニーズが変わって客数が落ちるなどのリスクは常にあるので、状況の変化に臨機応変に対応できる出店戦略が必要。

「自分の仕事が会社の中でどう貢献しているのか」を考えることが大切です。例えば私が長くいた経理部門は単純作業も多くつらいこともありますが、約2兆円の売上高に自分の役割がどう貢献しているのかを常に考えることでやる気がわいてきました。

ページの先頭へ