ビル・ゲイツの名言|人は自分が知り得た人や物のメリットを過大評価してしまうものだ

このエントリーをはてなブックマークに追加

人から、誰よりも頭のいい友達がいるからぜひ会ってみろと言われると、警戒心がむくむくと頭をもたげてくる。人は往々にして、自分が直接会った人や出来事は特別だと思い込んでしまう。これは人間の性質だ。人は誰でも、最高の人と知り合い最高の出来事を知りたいと思っている。だから、自分が知り得た人や物のメリットを過大評価してしまうのだ。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

はじめての連載の頃というのは、心も頭も固かったですね。自分の漫画はこうであるべきだと決めつけすぎていて、それもはじめは描くための動機になったのですが、次第にそれによって自縄自縛のような状況に陥りました。

あなたがたの中で幸せになれるのは、どうしたら人類に奉仕できるかを模索し、ついにそれを発見した人々だけである。

私が社長に就任したのは、前任の社長の意向が強かったと思いますが、よくいわれたのは、「お前は明るくて、行動力がある」ということでした。新しいことへのチャレンジを、リスクテイクしながらやってきたという自負はありましたから、そうした部分が「行動力がある」という評価につながったのかもしれません。長島徹の名言|新しいことにチャレンジすることの大切さ 私が社長に就任したのは、前任の社長の意向が強かったと思いますが、よくいわれたのは、「お前は明るくて、行動力がある」ということでした。新しいことへのチャレンジを、リスクテイクしながらやってきたという自負はありましたから、そうした部分が「行動力がある」という評価につながったのかもしれません。

会社ではいかなる役職役割でも、それは駅伝だと言っています。駅伝は前の人からタスキを受け取り、次の人にタスキを渡します。何番でタスキを受け取るかはわからないけれど、受け取ったからには上り坂が続こうが、雨が降ろうが、自分の責任区間は区間新記録を目指して懸命に走り、少しでも良い状態で次の人にタスキを渡そうとします。それは社長も部長も若い社員も同じです。

夢みたいな話をすると必ずネガティブな批判をされる方が出てくるんですよ。「危なくないか」「目に悪いんじゃないか」。ほかにも「ライバル市場は?」「マーケット規模は?」なんていうのもある。ようは難癖つけて出る杭を叩く。夢のある企画をつぶそうとする力が働くんです。そうした力に抗う意味でも、自らウェアラブルコンピュータを身につけるようになったんです。「ウェアラブルの有用性を実践してやる!」「自分の体でノウハウを蓄積してやる!」ってね。

一つひとつの仕事にしっかり取り組んできたことが、長く続ける秘訣。長いシリーズも、1本ごとの作品の積み重ねですからね。

パワポを攻撃するわけではないのですけれど、アマゾンのジェフ・ベゾスもパワポ禁止したって言いますよね。資料がもろに資料で終わっているのが多い。読んでいて、「うわぁ、薄っぺらいな」と思うようなものは、つらいですね。

給料は、買ってくださったお客様の一品一品から、ほんのちょっとずついただいているのです。自分だけの力で稼いでいると思い始めると派手になるし、どこかでつまずいてしまう。お客様が価値を感じていただいたお金を少しずつ集めたものが会社に集まり、それが自分の糧になる。ならば、常に謙虚に努力しなければならない。そうした考え方が西川家の基本となっているのです。

時間はお金と一緒で有限なものですから、無駄遣いをするときには何らかの言い訳が存在するのです。その行為が本当に必要なものなのか、ゼロベースで見直してみるのも大切なことです。

私が幸福だと言われるのは、長生きして、勲章をもらって、エラクなったからではありません。好きな道で60年以上も奮闘して、ついに食いきったからです。ノーベル賞をもらうより、そのことの方が幸せと言えるでしょう。

ページの先頭へ