ビル・ゲイツの名言|経営トップが経費節約の模範を示す

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は模範を示さなければならない。エコノミーを利用すれば旅費は少なくて済む。ファーストクラスでも、飛んでいる時間は変わらない。それに、私はエコノミーの席に収まらないような体型じゃない。ものすごく太っていたり、背が高ければまた考えも変わるかもしれないが。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社内に学ぶべきロールモデル(お手本)がいないという人は、アウェーに飛び込むことをお勧めします。ほかの会社の人と飲みに行くのもいいし、早朝勉強会や異業種交流会に参加するのも、何か習い事を始めるのもよいでしょう。そうした場所で出会う人の中には、きっとロールモデルたる人物が見つかるはずです。

部屋に電話を置かず、冷蔵庫の中に飲み物を入れるのを止めたのも、100人中1人しか困らない程度のサービスはあえて切り捨てるという、徹底した無駄の削減を行なったからです。

インターネットで何かを詳しく調べるときは、自分で検索する前に、その話題について詳しいブログから閲覧してみましょう。ネットの世界には、その話題について詳しい人がいる場合がほとんどです。自分で情報を集めるより、そうした人たちのブログを読んだほうが、内容もわかりやすいし、関連情報にリンクが貼ってあるなど、より詳しく調べる際にも便利です。

功利的なことを考えずに、時間をかけてもええから、本当の仕事をやってもらいたい。ごまかしやなしに、ほんまの仕事をやってもらいたい。

若いうちはお金に対するリテラシーを持ちつつ、自分株式会社としての意識を持ち、信頼残高をためなさいと言いたいですね。信頼残高がたまると自然にお金の残高も増えてくる。

脳を活発化するには弱点を克服したという成功体験を持つこと。私の弱点は人見知り。克服した頑張った結果、いまでは初対面でも普通に対応できるようになりました。

私は二期連続で減収減益だったときも、心配したり悩んだりしませんでした。それは、地デジ完全移行後のテレビ関連市場の停滞が理由だということがわかっていたこともありますが、心配するよりも今、何をやるかが重要だと考えたからです。

ページの先頭へ