ビル・ゲイツの名言|場所が魅力的であればあるほど、仕事の能率は低くなる

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は、エキゾチックな環境の下で開かれる会議には偏見を持っている。その場所が魅力的であればあるほど、仕事の能率は低くなると思うからだ。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

デジタルテクノロジーが飛躍的に進展するにつれ、近い将来には現在の職業の半分がなくなるともいわれており、企業の意思決定の大半がデジタルテクノロジーに置き換えられても、何ら不思議ではない。ただ、日本の労働力不足の現状を鑑みると、デジタル化をマイナス面だけで捉えてはいけない。

新人が熟達者から学んでいく学習過程を認知的徒弟制度と名付けたのは米国の認知学者ブラウン(ジョン・シーリー・ブラウン)だ。学ぶ過程は4つの段階に分けられる。

  1. 弟子が親方の仕事を見て学ぶ(モデリング)
  2. 親方が手取り足取り弟子を教える(コーチング)
  3. できそうな仕事を弟子にやらせてみて、できそうもない仕事は親方が支援して完成させる(スキャフォルディング)
  4. 親方が手を引いて自立を促す(フェーディング)

みなさんの職場では、新人はこの認知的徒弟制度の関係下に置かれているだろうか。そうでないのに新人が育たないと愚痴るのは怠慢以外の何ものでもない。

昨日までのことにとらわれているのではなく、常に前を見て変化を自ら創り出す。その変化の創造に挑戦するという姿勢がなければいけない。

設計も最後は1ミリや2ミリを問題にする細かい仕事なので、信じられないほど手間暇がかかるんです。設計料というのは、いただく側から言わせてもらえば高くはありませんが、払う側にしたら高いはずですからね、その設計料分を仕事の内容できちんとお返ししなければならない。これは設計者の義務だと思っています。

最新のITサービスやテクノロジーを使いこなせる能力、抵抗感を持たずに理解できる能力を身につけよう。何か新しいサービスを立ち上げる際にも役に立つ。

いまだに「うつ病になるのは心が弱いからだ」といった考えを持っている人は少なくありません。しかし、それは誤りです。むしろ「心が強い」と思っている人ほど、うつ病になってしまうケースもあります。「心の病」にかかってしまう人の多くは、真面目な頑張り屋です。しかし、それが頑張りすぎたり真面目すぎたりすると、過度なストレスとなり、その結果、心と身体が悲鳴を上げてしまうのです。

我々が売る建物は、100円200円で買えるものじゃない。デパートで灰皿を買ってくるとか、そういう類のものではないんだから、結局お客様が選ぶときは、一生懸命をお選びになる。そうすると、この人は信用できるな、この人は熱意があるな、この人は若いけど違うなという人を選んできます。だから、あまり近視眼的に考えないこと。人間を磨きなさいと。若い人にはそう話しかけています。

ページの先頭へ