ビル・ゲイツの名言|高い質を要求する人と仕事する経験の大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

TRW社で出会ったノートンという人のイメージはいつも頭にある。最高の仕事をしないと、彼はいつもそれを指摘した。だから、自分が雑な仕事をしたり手間を惜しんだりしていると、彼がいまにもやってきて、私のプログラムを見えて、「ほら、こうすればもっといいだろ」って言うような気がするんだ。
【覚書き|ハイスクール時代、米国北西部の送電線網を管理していたTRW社で仕事をしたときを振り返っての発言。ノートン氏とはTRW社のプログラマの一人】


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私はこの失敗(インテルがデジタル腕時計事業を起こし、1500万ドルの赤字を生み出し撤退した失敗)の後、教訓としてかなり長い間、このデジタル腕時計を身に着けていました。最近でも折に触れて電池を入れ替えては使っています。ただし、誤解されやすいのですが、私がこの腕時計をするのは、こんな失敗を二度としないようにという思いからではありません。逆に、こんな失敗だってできたじゃないか、私たちはいま、ちゃんとリスクを取って挑戦しているだろうかと、だんだんリスクを取らなくなる自分たちを戒める思いの方が強いのです。

問題の原因を見つけて解決するのが人生。それをずっと続けていたら、結果的に自分の成長に繋がり、人にも幸せを与えられる。

気持ちはすぐに変えられます。崖っぷちに立てば。

常に自分の中に答えを求めなさい。周りの人や、周りの意見や、周りの言葉に惑わされてはいけません。

ピッチャーが一人前に育つプロセスでは、場数を踏むことが大切。打たれたときには、なぜ打たれたかを振り返り、次に活かすことで成長できる。

無理をして会社にしがみつくのは、そこにしか自分の居場所がないと考えているからです。別の世界にアイデンティティを担保しておけば、いざというときに会社に見切りをつけることができるでしょう。

私は会社で新しいプロジェクトが立ち上がると、「やらせてください」といつも手をあげていました。手をあげないとチャンスは巡ってこない。

ページの先頭へ