ビル・ゲイツの名言|変化の速い産業で成功するには

このエントリーをはてなブックマークに追加

変化の速い産業で成功している企業は、カギとなるトレンドの最先端を行き、その新しい応用に価値を付加できる企業だ。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は「違い」に遭遇した時に、それを改革に結び付ける力が大事だと考えています。たとえば、自分の意見と異なる新しい意見に出合った時、今まで自分が考えていたことは正しいかどうかを見つめ直し、どうすればより良くなるかを考え、改革するのです。

ほとんどの会社がたくさんの若いお客さんを見失っているんじゃないかな。新しいモデルに共感出ず、それを理解できる社員もいないために。

今、サイバーセキュリティは国家安全保障に絡む重要なテーマになっています。しかし、今の日本はその解決を自国でできません。もし、グローバルで何か新しい脅威に日本が最初に直面した場合、北米のベンダーに助けてくださいと言わざるを得ません。この懸念みたいなものは昔から持っていたのですが、いつまで経っても日本でセキュリティにおける研究開発をしっかりとやる会社も出てこなかったですし、風土も醸成されませんでしたので、これは自分でやるしかないと。

自分と違う特性や能力をもつビジネスパートナーを見つけるには、まずは自分のことをわかっていなければならないのは言うまでもありません。自分は何が得意なのか、また何が苦手なのか。それらを理解したうえで、自分に足りない部分を補ってくれる相手とチームを組むのが理想です。自分の得意分野や苦手分野については、これまでの成功や失敗の経験を振り返ればおのずとわかってきます。

「仕事」をすることは「上司の立場に立って仕事に取り組む」ことでもあります。

数字に強い人とは、ものごとを数量的に良く考えることができて、しかも覚えておくことができる人です。こういう人は、ものごとの全体像がきちんと頭の中に入っていて、その全体像の絡みで数を考え、覚えられるのです。

規律を重んじることと、すべての選手たちと平等に接することを重視しています。もちろんベテラン選手や試合に多く出る選手と若手選手とでは指導の内容が異なりますが、気持ちとしては平等であることを心がけているのです。私自身も選手時代はそうでしたが、監督から平等に扱ってもらえると、選手は「この監督についていこう」と思えるものです。

ページの先頭へ