ビル・ゲイツの名言|長期的な個人計画を立てないことの重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

私はその手の質問に対してはいつも、今後10年はいまと同じ役割を果たすつもりだと答えている。10年程度先までのことしかわからないのでね。
【覚書き|「マイクロソフトの経営にいつまで関わるつもりか」と聞かれたときの返答】


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私たち人間には叡智というものがあります。叡智のひとつに「ものごとを広く見る」ということがあります。悲劇や不遇に見舞われたとき、他の同じような出来事や過去のもっとひどかった状況を思い出すことが、とても役に立つのです。自分にそうした経験がなければ、他人の経験でも構いません。むしろ、その方がいいでしょう。なぜなら、関心を自分のことだけに集中させるのではなく、他人に向けられれば解放されたように感じられるからです。

「変えてはいけないもの」「触ってはいけないもの」なんてない。一歩先行く発想があるなら、実行すればいい。

接遇やコミュニケーションにおいてベストはほとんどなく、ベターがあるだけなのです。

これまで当社は、海外企業との付き合いがほとんどありませんでした。状況は改善すべく、ある部下に新規5社と連絡を取って、人間関係を構築して恋と命じました。でも、どうしても交渉が上手くいかないので、部下とともに私も台湾の企業を訪問することにしました。先方の感触は良好。取締役だった私が出向いたことで、当社の本気度を理解してくれたのでしょう。

人が亡くなるとバランスシートの付け替えがあります。これが1人3千万円であれば130万人が亡くなれば、39兆円の付け替えが毎年発生していることになります。昨年から相続税が発生する分岐点が下がりましたし、そうしたニーズのあるところと専門家との橋渡しをしたり、亡くなった方のライフヒストリーを紙や映像でまとめるお手伝いをしたりと、深掘りをしていきます。

プレゼンでは話し手の都合ではなく、聞き手がどう受け取るかが重要。どんなに小さなスピーチでも、一人を相手にした営業トークでも構造は同じ。カギは「聞き手がどう受け取るか」。逆にいうと「話し手がどう話したいか」は関係ありません。

休める日はできるだけ休みたい。ゴルフをしているときは、携帯電話もロッカーに置いたまま。オフはオフです。万が一、私に緊急連絡がつかなくても、副社長が代行して経営判断できるようにしていますから。

ページの先頭へ