ビル・ゲイツの名言|自分の興味を広げることの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

少なくともニュース週刊誌を一冊は、隅から隅まで目を通すようにしている。それで興味の幅が広がるからだ。自分の興味があることだけ、たとえば科学のページやビジネスのページしか読まなかったら、その雑誌を読む前の自分と少しも変わらないことになってしまう。だから、全部に目を通すんだ。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

部下に対して、自分がどのような視点で情報を集めているのかを伝えなくては、部下は与えられた仕事について、サービス精神を発揮しようがありません。情報収集のネット偏重の傾向は、必ずしも部下だけの責任とは言えないのではないでしょうか。上司の指示の出し方にも問題があるのかもしれないと私は考えています。

ストレスがかかる仕事は、避けるものではなく積極的に受け容れるもの。これは僕の生き方の方程式で、ラクなほうを選べば、その瞬間のストレスは少ないけれど、問題を先送りしているだけでしょう。いつかまた、同じような選択を迫られることがあります。それなら、先送りしないで受け容れたほうが、時間を無駄にせずに済む。

強くなりたければ、自分の一番嫌いな練習や苦手な練習をやった方がいい。好きなことや楽なことばかりやっていたら、強くなれるわけがありません。

新しい製品やサービスを生み出すことだけがアイデアだと思っているのでしょう。そんなことは、ありません。例えば、海外の製品を日本向けにローカライズして発売するビジネスは「海外の製品と日本市場」という組み合わせから生まれたアイデアだと言える。常に国内外の業界の動向に目を配り、新製品をチェックする。そして「この製品を日本市場向けにアレンジできるか」を考え続ける努力がないと、作れない組み合わせです。他の業界のビジネスモデルを自分の仕事に持ち込んでみる、という手法も、同じパターンだと言えます。

非常に品質の良い商品が出来上がり、市場に送り出すことになったとします。当然、営業マンたちには自信を持ってその商品を売り込むようにさせなければいけません。しかしそのとき、リーダーがその商品や市場に送り出すという決断に対して自信があるかどうか、自ら下す判断に信念を持っているかどうかによって、結果は大きく変わってくる。

コモディティ化したものから卓越したものへ変わるのに、遅すぎるということはありません。

僕がラッキーだったのは、前職の楽天での経験があったことです。僕が楽天に入社したときは、まだ社員が数名でした。そこから会社がどんどん大きくなって、最終的には2000人を超え、プロ野球チームを保有するまでになった。そういう中で会社がどのように変わっていくかを、内部にいて逐一見てきたので、自分で会社を経営するようになっても、どれくらいの規模のときどんな問題が起こり、それはどうやって解決すればいいか、あらかじめわかっていました。それで初めての人よりも上手く対処できたと思っています。

僕は真っ白なキャンバスに絵を描き続けてきた。

限られた時間の使い方、目標の立て方がしっかりしてないと結果は付いてこない。

緊張してしまうのは「失敗が怖い」という心理があるからだと思うのですが、人間だから誰でも悪いところもダメなところもあるし、言葉を間違えることもあると思うのです。だけど、失敗しても、それを繰り返さなければ、きっと成長できる。むしろ、失敗を怖がらないことのほうが重要だと思っています。

ページの先頭へ