ビル・ゲイツの名言|金を残すことは子供のためにならない

このエントリーをはてなブックマークに追加

確かなことがひとつある。私が自分の子供たちに大金を残さないということだ。金を残すことは彼らのためにならない。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

100メートル走をやっていた頃、記録が伸び止まり、自分がほんとうの一流ではないことに気づきました。そして、「だとしたら、身体的にトップではない人間でも勝てるものは何だろう」と考えるようになったのです。それから、自分の人生に対する考え方がより戦略的になっていったように思います。

心のどこかに「JALが潰れるわけはない」という気持ちが社内にあったのではないかと思います。しかも、経営が危機的な状況に陥っても、そういう誤解を続けていたのではないか。そこが、我々の最大の反省点だと思っています。この意識を変えていかない限り、また同じことが繰り返される危険性があると思います。

コピーライター時代の「絶対に一つだけのアングルから物事を見ない」で考え抜くという姿勢が、小説に役立ちました。「世間に出回っている通説は、すべていったん洗濯してから自分の辞書に収める」ことは、小説の書き手としてのエチケットであり、マナーでしょう。

危機管理の目標は、次の3点。

  1. プロアクティブ(先手必勝)に対応する。
  2. 局面を打開して、プラスの方向にもっていく。
  3. 危機からの悪影響を少なくし、しかも出来うる限り短縮する。

「優れた教育・研究活動」「充実した学生生活舅特色ある地域・社会貢献」「ミッションに基づく学風の醸成」「TSR(大正大学・ソーシャル・レスポンシビリティー)による大学運営」という5つの社会的責任を果たすことを目的に、教職員が一丸になって取り組んでいます。この目標を達成するためにPDCAサイクルにのっとって大学運営を行っています。

コミュニティデザインをやっていても、もう戦っても仕方がないでしょうっていう局面がよくあるんです。一番わかりやすいのが商店街の商売敵。いま、地方の商店街の多くが壊滅的な状態にあって、もはや内部で商店同士が戦っている場合じゃない。「戦わない」って、まちづくりにとっても重要なキーワードだと思いますね。

我々の最優先事項はホンダブランドを強くすることに尽きます。横着して別ブランドを掲げる前に、少し薄れかけてきたホンダブランドを、若い人が飛びつくような魅力的なブランドに磨いていく必要があります。そこに集中しないと、うちの体力は持たない。

ページの先頭へ