ビル・ゲイツの名言|株価は会社の貢献を反映するものではない

このエントリーをはてなブックマークに追加

我が社の株はハイテク株で、ハイテク株は変動が激しい。株価は我が社の貢献を反映するものではない。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

単にウールと言っても、毛を刈る部分によって採取できる量はさまざまで、商品価格にも大きく反映する。自分が想定する素材感や価格を実現させたいのであれば、すべて理屈がわかっていなければいけない。

かつて「縁」と「恩」を感じた人は、特にリスト化して定期的に連絡を取っています。後から喧嘩をしようが何をしようが、縁は縁だし恩人は恩人。こちらが大事にしていれば、そっぽを向く人はあまりいません。こういう人は、損得抜きで見返りを求めない客観的なアドバイスをしてくれます。

PB(プライベートブランド)は、当社として自信を持ってお客様にお勧めする商品です。中小メーカーとタイアップして、原材料から製造方法までコストを抑えられる方法を一緒になって考えます。

運転士も人間だ。運転士がたとえ居眠りしても事故を防ぐことができる、そういうシステムを持たなければならない。

「権力を持つ上司に対して、部下はどう接するべきか」と難しく考える問題ではない。「人は、どんな人に好意を持つか」というシンプルな話ですよ。どんな上司も、部下力を発揮され続けたら、「自分の気持ちを理解して、合わせてくれるのか。かわいいやつだな」と思うもの。上司からも歩み寄るはずです。

コミュニケーションのコツのひとつは、誤解を避けるために「話の途中で、言葉の定義を確認する」ことです。それぞれの人が違う定義でとらえている言葉の例は、私たちの会話の中に山ほどあると思います。日本人同士でも、同僚や家族との会話で、言葉の定義が一致しないことはたくさんあります。定義を曖昧にしたまま話を進めると、話がかみ合わなくなります。意思の疎通をすることは困難です。

「医師の世界は狭いな」と感じることもあります。私は理事長を兼務していることから、東京ロータリークラブにも所属しています。そこで外の世界の人たちと関わって気づくのは、ビジネスの世界でもまれてきた人たちは、視野が広いということです。「外」の方々に倣って視野を広く持ち、それを医療や病院経営に生かしていきたい。

正しい歴史が何より大切で、なかでも国が亡ぶという史実を学ぶことは重要です。ユダヤ人の歴史を見てください。国を失った民族がどれほど悲惨な運命を辿るものか。かって私はイスラエルに行って、彼らの苦難の歴史を直接学ぶことができました。チベット族やウイグル族の歴史を知っていただきたい。どれほどひどい目に遭っているか。その歴史を学べば、日本人として何が大切かも見えてくるはずです。

企業にあって、びっくりさせられることの99%までは良くないことに決まっている。経営チームとして我々がどれほど熟達していようとも、誰かがきっと失策を犯し、予期しなかったことが起こり、問題が生じるものだ。しかし、予期しなかった問題を発見し、それに対処するのが早ければ早いほど、解決するのは容易になる。

適切な練習を積めば、自分の脳を「稼げるモード」に切り替えることができます。目安は2週間。早い人なら4日程度で効果を実感できるでしょう。ポイントは、言葉を実際に口にしたり、体を動かしたりすること。頭で考えるだけでなく、五感をフル動員する方が効果的なのです。

ページの先頭へ