ビル・ゲイツの名言|単に金持ちになることが目標ではない

このエントリーをはてなブックマークに追加

単に金持ちになることが目標だったら、とっくの昔に達成してしまったと思わないかい?
【覚書き|『フォーブス』の世界富豪ランキング1位になったことについて語った言葉。氏は自分の給料をできるだけ低く抑え、ストックオプションで多くの自社株を社員に提供した】


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

安定しているって、収入が減ることも少なければ、増えることもほとんどないわけで、つまらない。

いまは物が売れない時代と言われているけれど、それはみんなが欲しいと思う物を作ってないだけなんだなと強く感じました。昔ながらの見せ方や売り方で「これが伝統だから買ってください」というだけでは魅力は伝わらない。「おもしろそう」「かわいいな」というところから関心を持ってもらえたら、技術など本来的なところにも目が向くようになる。

後に続く人を増やすうえでも、上場を目指して私が頑張らなければと思っています。

やるべきことを漏らさず行うため、20年以上続けていることがあります。家の中でも、仕事中でも、アイデアがひらめいたらどこでもすぐにメモを取ることです。そのため、洗面所から寝室まで家中至る所にメモ用紙とボールペンを置いています。仕事中でもメモ用紙とペンを常に携帯しており、1日に20枚以上はメモを取っています。メモを取れないと不安になるほど身に染みついている習慣です。これまで、電子端末を使ったボイスメモなどにもトライしましたが、どもしっくりせず、操作に慣れる前に紙のメモに戻ってしまうんです。

経営に携わらせてもらってきた中で、いろいろな会社の栄枯盛衰を見てきました。そこでは、やはり創業者を蔑ろにして、ふんぞり返った人が出てきたときに大体おかしくなっています。

各企業のホームページに掲載されたプレスリリースは情報の宝庫です。「隠蔽体質だ」と批判する人も多い東京電力でも、実は震災直後のテレビ会議の様子をアップしています。記事はこうした第一次情報を見たり、記者会見に参加したりして書かれているはずですが、スペースには限りがありますから、ひとつのニュースで情報をすべて網羅するのは難しい。

日銀副総裁への就任を打診された時には3日間、悩み抜きました。「才能もないし、その任にもない」と多くの方に申し上げましたが、最後は公のためだと思いお引き受けすることにしました。

ページの先頭へ